豊後高田昭和ロマン蔵(紙芝居と学校の机)

お出かけ

豊後高田昭和ロマン蔵シリーズも、たいがい長くなりましたね。

これで一つのカテゴリーになるくらいです。

そろそろこの辺で終わりにしたいところです。

最初に「東蔵 駄菓子屋の夢博物館」を見学して、その後「北蔵 昭和夢町三丁目館」に入りました。詳しくは公式サイトで

まずは、その移動の途中に出会ったものです。

紙芝居

RIMG0412

紙芝居です。懐かしい?
いえいえ、私達アラフォーは紙芝居はリアルタイムで経験していません。テレビ世代ですから。

ですので、新鮮。(紙芝居のおじさん、動きがはやい!)

この紙芝居のおじさん?(結構若く見えるんですけどね。僕と同姓代に見えますけど)お宝鑑定団に出て、紙芝居を鑑定してもらった事があるとか。

水木しげるの師匠が描いた紙芝居を鑑定してもらったとかで、たいそうなお宝だったとか。

ちょっと記憶があやふやなので、正しく知りたい方は豊後高田へぜひお出かけください。

RIMG0416

RIMG0415

「紙芝居屋さんは、紙芝居で子供を集めてお菓子売って商売してんだよ」って昔親から聞いていました。

これがそのお菓子。型抜きと水あめです。
型抜きはお祭の縁日で子供のころよくしていましたね。水あめは駄菓子屋で買っていました。

昭和の自動車

RIMG0424

他にも、数台展示してましたが、人物が一緒に写っているのでこれのみで。(いい具合にぼけてるからね)

1960年代、昭和でいうと30年代後期から40年代初期の自動車は好きです。自分でも乗りたいと思ったこともありますが、かなり気持ちが強くないと実現しませんね。状態のいい車は希少だし、メンテナンスも大変なので。

それで、15年ほど前の20代のころ、プラモデルを作っていました。

僕の服装もレトロで、まるで親父の写真みたいですわ。(というか意識してみた)

お次は「北蔵 昭和夢町三丁目館」の中ににあった学校のセット(?)

RIMG0434

RIMG0435

旧田川東高校では、この机とイスだったらしいです。

レトロな学校机とイスは人気があるらしいですね。

今回で豊後高田シリーズはおしまいにします。

結局、この昭和ロマン蔵に3時間以上いたんじゃないかなぁ?

最初の予定の寺巡りはおろか、豊後高田の昭和の町を散策することすらできませんでした。

このあたりは帰り道に温泉もあるので、丸一日かけて楽しめる場所ですね。

コメント

  1. ともも より:

    ぼやけて確率が少し減りますが
    この紙芝居の人
    99.9% 筑豊の人
    それも田川の人ですよ

    良くTVに出ている人ですよね

    2年ほど前 直方の切り絵作家の松○さんの企画した
    修学旅行のようなバスツアーで行って来ました
    そのとき 
    田川の人が直接聞いて確認していました
    田川市ではなく 郡だったと思います
    町の名前が出てこない
    田川の事を勉強しますね
    勉強しないと
    神幸祭りの時に彦山川に沈められるかも(笑)

    http://ezukabotayama.yoka-yoka.jp/e82797.html

  2. shintan より:

    >>とももさん

    コメントありがとうございます。

    >この紙芝居の人
    >99.9% 筑豊の人
    >それも田川の人ですよ
    えっぇ!そうなんですか?!

    >田川の事を勉強しますね
    ありがとうございます。

    ブログをチラッと拝見しました。
    飯塚の方で、あすの筑豊を考える30人委員会の方なんですね。

    同じ筑豊であっても、飯塚と田川では筑前と豊前であったわけで、その時代以前にルーツのある祭りにおいては、随分様相が異なってきますね。
    飯塚、直方は長崎街道の宿場町であっただけあって、その流れが濃いですね。

    筑豊の各地区がそれぞれの個性をアイデンティティに持って魅力をアピールできるといいなぁって思ってます。

    30人委員会の田川ブロックには、祭り関係の知り合いやら同級生やら在籍しています。
    これからもよろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました