僕のジャズ歴 「第一部 ジャズを聴き始めたきっかけ」

august 09 by meganwest

僕がジャズをジャズと意識して聴き始めたのは高校3年生の秋くらいだったと思います。今からおよそ、25年前のことです。

僕が始めて、アルバム通して聴いたジャズはこれです。

なんで、マンハッタン・ジャズ・クインテッドだったのか

高校時代、僕はバンドをやっていてベースを弾いていました。そのバンドにはサックスがいて、そいつはジャズやフュージョンも聴いていました。

ジャズに関心は合ったけど(注1)、「ジャズっておっさんの音楽だろ」ってイメージでした。または、「行儀のいい音楽」とか「おとなしい音楽」ってイメージですかね。

その当時の音楽の嗜好性は、Beatlesとか、オールディーズとか、Blues Brothersを入り口として知った黒人音楽とか好きだったので、その頃流行っていたヘビメタとかBoowyとかよりも、ずっとジャズよりの音楽を好んでたんですけどね。

また、楽器をやってたから、テクニック的好奇心でレコードを聴いたりしてました。ヘビメタとか、瀑風スランプとかって、「テクニックがすごい」って評判で聴いてましたもんね。

学校から帰り道に寄り道した本屋で「ベース・マガジン」ていう雑誌を見つけたんですね。

ベースマガジンVol4 ←この本です。

この本の特集に

連載特別企画 THE BOTTOM SESSION!!
スーパー・ドラマーをめぐるスーパー・ベーシスト達
(1)スティーブ・ガッド篇

てのがあって、その当時のバンドのドラムに「スティーブ・ガッドち、知っちょう?」と尋ねたら、「俺の一番好きなドラムだ」ってことで、スティーブ・ガッドが入っているレコードを貸してもらいました。

それが、これだったわけです。     

そのアルバムの1曲目がこれです。

ジャズって、おっさんの音楽、お行儀のいい音楽、おとなしい音楽ってイメージだったんですが、このアルバムのメンバーの写真を見たら「おっさん」だし、「お行儀のいい音楽」ってのは、そのままなんですけどね。(一人黒人のベースは若いんですけどね)

服装とかも、地味でまったくかっこよくないですし。(この当時のかっこいいは、デュラン・デュランとか、吉川コウジとかでしたから)

しかし「おとなしい音楽」というイメージは変わりました。

今だから言えるんですが、このバンドはジャズの中でもアレンジ度が高いので、曲のダイナミズム(盛り上がり、盛り下がりの差)が大きい。なので、とてもわかりやすい。聴いてて気持ちよかったんですね。

久しぶりにYouTubeで聴いて思ったのですが、ソロを覚えてるんですね。特にベースとトランペットのソロを。この当時かなりこのアルバムを繰り返し、繰り返し聴いてたんだなって思います。

ドラムの彼は、上記のアルバムの他に、もう2枚貸してくれました。

 

マンハッタン・ジャズ・クインテットは、選曲がスタンダード中心だったので、それもジャズ聴き始めのビギナーには良かったと思います。

(注1)「ジャズに関心があった」のは

この出来事の1年前、高校2年生の夏休みに友達んち(川崎米田)で、スイッチを入れたテレビで、下の演奏を見ました。

このピアノ、ハービー・ハンコックです。確か、この演奏がすごいかっこいいって、衝撃でした。

ハービーハンコックは、ちょうどこの頃「Rock It」という曲がヒットしてて、その名前は知ってました。
MTVで観たある人多いと思います。

この「Rock It」のハービー・ハンコックがJazzの人ってのを、上のMt Fujiのテレビで初めて知ったんです。しかも、演奏がかなりやばい。これは「お行儀のいい音楽」、「おっさんの音楽」でもない。

ハービー・ハンコックを介して、ジャズへに関心はありました。

2012/02/14 | 音楽

関連記事

Jazz Masterのプチ改造(その2)

Jazz Masterのプチ改造(その1) からの続きです。 ブ...

記事を読む

Jazz Masterのプチ改造(その1)

Fender JapanのJazz Master。購入したのは確か...

記事を読む

僕のジャズ歴 「第2部 初めて自分でレコードを買うまで」

[caption id="attachment_1441" a...

記事を読む

no image

あなたに会えてよかった

その曲を聴くと、じんわりと目頭が熱くなる曲がある。 ...

記事を読む

新着記事

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

PAGE TOP ↑