デジカメの修理は

お買い物

以前の日記「デジカメが壊れました」から、1ヶ月半。いや、もうすぐ2ヶ月。

とっくに結果は出ていました。

ヤマダ電器に修理の見積もりを出したのですが、1万3000円ほどかかるので、修理は中止、新しいデジタルカメラを買わなければなりません。

壊れたデジタルカメラはRichoのCaplio R4で、購入時に長期保障に入っていました。

以前1度、レンズのズーム機能のモーターが壊れた時は、この長期保障が効いて無料で修理できたのですが、今回の液晶の破損は無料で修理を出来ませんでした。

さて、新しいデジタルカメラは何を買うか?

今日、時間があったので、価格ドットコムでレビュー読んで研究です。

やはり、Richoの後継機種であるCX3になりそうかなぁ。

 

Caplio R4を購入する時は、調べたりせず予備知識がないままヤマダ電器に行って、一番売れ筋の人気のある機種を買うつもりでした。

デジタルカメラを購入するのが始めてでしたし、写真を写すことも全くしていませんでしたから。(そう言えば、この頃ピアノの発表会の手伝いにに行っていて、写真撮影を頼まれたのですが、半押しでフォーカス取るとこで撮影されたと勘違いし、結局写真が写っていないという大失敗をしたくらいです)

そのくらい無知だったので、一番売れているデジタルカメラを買えばいいって思っていたのに、なぜリコーを買ったのか?

周囲の人は、テレビでコマーシャルされているデジタルカメラを持っていて、リコーのカメラを使っている人なんていませんでしたし、僕もリコーがカメラを作っていることを知りませんでした。

ヤマダ電器(空港通り店)で、カメラ見てたら店員さんが話しかけてきて、一般的に人気の在る機種で、出来れば元々カメラメーカーの製品がいい。Web用の写真だから画素数はそんなにいらない。なんてことを話していたら、リコーのカメラを勧められました。

決め手は5つ。

一つ目は、自動斜め補正機能が面白かった。ポスターとかレコードジャケットとか、四角い物を斜めから撮影したものを正面から撮影したように補正してくれる機能が面白かった。

二つ目は、リコーは派手な宣伝をしていない。広告費用を抑えて、製品の開発費用に回している。広告していないから知名度は低いが、性能は人気のある製品と同等、もしくはいいくらい。という店員さんの言葉。

三つ目は、「操作性がとてもいいですよ。メニューの作りがわかりやすいですよ」っという店員さんの言葉。始めて使うから、比較しようがないですからね。

四つ目は、その店員さんはバイト生だが、Web関係の専門学校の生徒であったこと。

五つ目は、最初に購入予定の、最新人気機種の価格が3万円の後半だったのに対し、リコーのCaplio R4は2万6千円だったこと。

この5つでした。

それで、購入したリコーのCaplio R4ですが、その当時の売れ筋コンパクトデジカメに比べると、不恰好なデザインだし、幅も厚い。

人前に出すのが恥ずかしく感じたもので、「リコーのカメラってめずらしかろ?」とか、わざわざ言い訳をしていたものです。

性能は、同時期に知り合いが購入したデジカメと比べると、暗い所での撮影が良くなかったです。

しかし、最近デジタルカメラの撮影方法を勉強してからは、このカメラがお気に入りになって、このカメラで良かったと思うようになりました。

撮影方法を勉強するまでは、機能の設定をいじることがなかったんですが、(いじっても良くわからんでやってたんですが)、勉強した後は、機能設定のメニューが使いやすいことや、マニュアルの設定がしやすいことに気づきました。

オートブラケットという便利な機能なんて、他社のコンパクト・デジカメには搭載してないじゃないでしょうか?

他のカメラと比べると、「鮮やかさ」に欠けるような感じです。むしろ、他のカメラで写した写真と比べると地味のようなきがします。

けど、「作られた写真」感がないです。被写体の色を、そのままレンズから取り込んで保存しているような感じです。

暗い所でもきれいに写るカメラは、確かにきれいに撮れているけど、なんか人工的に作られたような色をしているんですよね。

 

今回、価格ドットコムで、Caplio R4の後継機種のCX3のレビューを読むと、リコーの評価が、とてもいいですし、僕がCaplio R4を気に入っていた部分が評価されています。

特に、マクロ機能の評価が高い。

こういう評価もありましたよ。

リコーには変にファッション的な所に媚びることなく、このままの路線で「本当の意味でいいカメラ」を作り続けてもらいたいです。

こういう職人気質っぽいイメージも、好みですよ。

CX3は、現在価格ドットコムで売れ筋第3位になっています。

Caplio R4を購入した2006年に比べると、たぶんリコーのカメラの評価と知名度は上がっていると思います。

今でも、ほとんど宣伝をしていないじゃないでしょうか?

テレビでリコーのカメラのCMを観た覚えがないんですけど、どうでしょう?

口コミで、評価が上がって売れ筋第3位を獲得した感があります。

 

だけど、暗いところでの撮影は、ソニーのCYBER SHOTのほうが優れているみたいです。

R4に比べると格段と良くなっているのは間違いありませんが、CX3の後継のCX4が9月3日発売ってことで、それまで待つことにします。

デザインは、CX3の方が好みだなぁ。

それと、Richoの後継機種だったら、今のバッテリーをそのまま使えるかと思ったら、使えないようだし。これは、もうちょっと調べてみることにしよう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました