Yahoo!JapanがGoogleの検索エンジン採用を本日発表

これは、ビッグニュースだ!!


Yahoo!JAPAN、Googleの検索エンジンと広告配信システムを採用 正式発表


日本では検索市場の5割以上をYahoo!Japan、約3割をGoogleが占めているとのこと。(産経ニュースの記事より

この2つで、国内検索エンジンシェアの8割を超える。

Yahoo!Japanがグーグルの検索エンジンを採用することになれば、8割以上の人にグーグルの検索結果が表示されることになる。

今まで、Yahoo用のSEO、Google用のSEOとそれぞれの検索エンジンに対しての対策があった。

米国などでは、国内検索シェアの割合がGoogleのほうが高く、SEOと言えばGoogle対策だが日本ではYahoo!Japanのシェアが Googleを上回っていたのでYahoo!Japan対策のほうが重要だった。

Yahoo!JapanがGoogleの検索エンジンを採用することになると、Yahoo対策は必要なくなる。

このブログ以外にもブログを持っているが、それらのブログはYahooよりもGoogleからの訪問者が多い。

あるブログは、検索エンジン経由の訪問の75%がGoogleからの訪問で、中には90%がGoogleからの訪問のサイトもある。もちろん、記事の内容 がパソコンネタなのでGoogleからの訪問が多いのだが、パソコンネタを書いていないこのブログでさえ、検索エンジン経由の訪問のうちGoogleから が85%なのだから、自分にとって有利だと思う。

Googleからの訪問のほうが、Yahooからの訪問より多いからといって、Googleでの検索順位のほうが高いということの根拠にはならないのだが、以前検索順位を調べるツールでは、Googleでの検索順位ほうが概ね好調でした。

Yahooで検索順位を上げるよりも、Googleで検索順位を上げるほうが得意だなぁと思っていたから、Yahoo!JapanがGoogleの検索エ ンジンを採用するというニュースは、僕にとってとてもうれしいニュースです。

ニュースには

ニュースリリースでは、「契約の対象は検索エンジンと検索連動型広告配信を表示するシステム部分のみ」と強調。Yahoo!JAPANとGoogleは、 広告と検索サービスを含むすべてのサービスにおいて、今後も競い合う関係であることに変わりない」としている。

とあるが、これはYahooはオーバーチュア広告は、なくなるということだろうか?

検索エンジンと検索連動広告配信システムを、米Yahoo!のものから切り替える。

とも書かれているな。


しかし、他のニュースサイトに書かれているように、一つのサービスがシェアを独占することに対しての懸念も確かにある。

Googleの事を「G様」と言ったりするが、これは「God」のGと「Google」のGをかけたもの。

Googleが独占すると、神様ぶりがさらに加速する。

Googleからの訪問とYahooからの訪問が半々くらいなら、G様に嫌われてもYahooからも訪問は減るわけではない。

しかし、GoogleのみになるとG様に嫌われるとオシマシ。

リスクの分散ができない。

サイトで収入を得ている人は、G様に嫌われないように細心の注意が必要になる。

もしくは、検索経由に代わる集客方法を手に入れる必要がありますね。

コメント

  1. ひかっくん より:

    2社で8割のシェアだって知らなかった。。。

    そうそう、おばちゃんとウチの母、日田に旅行行ったみたいですね。散歩も精力的にしてるみたいで、元気になって、安心しました。。。

タイトルとURLをコピーしました