iPhoneでFacebookに投稿した写真のGEOタグ

意図せず、FacebookにGEOタグの付いた写真を投稿してしまったようだ。

iPhoneに保存されている写真の撮影日時を確認したくて、iPhoneアプリの「PHOGPHOG」「Koredoko」をインストールしてわかりました。
(最近は、iPhoneのプレインストールアプリの「写真」でも、位置情報が確認できます。iOSのアップデート後からでしょうか?)

カメラのアプリには、位置情報サービスが使えないようにしています。(設定>位置情報サービスで、各アプリで位置情報サービスを使用するかどうかの設定ができます)

しかし、GEOタグの付いた写真が撮影されているのはなぜか?

おそらく、Facebookアプリが位置情報サービスをオンに設定されている場合で、Facebookアプリから「ステータス」または「写真」を開き、写真を撮影した場合にGEOタグが付くのではないかと思いますが、定かではありません。

この投稿を書くにあたり検証してみたのですが、現在はFacebookアプリから撮影してもGEOタグは付きません。

なにせ、半年ほど前の話で、Facebookアプリがアップデートで仕様の変更されたのかもしれません。

iPhone上で、「Koredoko」を使って写真を確認すると、自宅の場所と住所まで正確にわかります。その写真をFacebookにアップしているので、さすがに気持ちが悪いので、投稿を非公開や削除にしました。

念のため、Facebookに掲載されている写真をダウンロードして、フリーソフトの「画像 × googleマップ」で位置情報を確認したのですが、GEOタグはついていない!

ということは、Facebookにアップロードした写真は、Facebook側で削除されているってことでしょうか?

知っている人がいたら、教えてほしいです。

【追記 2013/03/05】

Naverまとめで参考になる情報を見つけました。

Facebookでは写真のアップ時にExifを自動で削除してから公開するが、Picasaやmixiではそのまま公開してしまう。

ツイッターでは公式アプリや「Instagram」からの投稿ならExifは削除され、「Twitpic」では削除されない。

サービスやクライアント、投稿方法ごとにExifの扱いが複雑に異なっている。サービス側の設定にも気を配っておこう。

引用元 http://matome.naver.jp/odai/2133518753816013101/2133519334216603103

 

Facebookの外部サイトに設置されたいいねボタンの動作について検証

以前、「いいね!ボタン」の動作は「OGP」設定でニュースフィードに情報が飛ぶのか?で、外部サイトに設置されている「いいね!ボタン」をクリックしても、友達のニュースフィードに表示されなくなったことを書きました。

外部サイトの「いいね!ボタン」は、ボタンをクリックした後にコメントを追加すると、ニュースフィードにも表示されることがわかりました。

「いいね!ボタン」をクリックするとコメント欄が表示される。

ここにコメントを入力して投稿をクリックした場合は、友達のニュースフィードにも表示される。

場合によっては、いいね!ボタンをクリックした後に、「承認」というリンクが表示されて、承認が必要なときもあります。

注意点2つ

  1. 一定時間が過ぎると、コメント欄は自動で消えるので、急いでコメントを書いて投稿ボタンを押さなければならない。
  2. Facebookのソーシャル・プラグインで表示している場合はコメント欄が出てくるが、WordPressのプラグイン「WP Social Bookmarking Light」で表示している場合はコメント欄が出てこない。
    xfbmlに変更すると、コメント欄が出てきます。

ちなみに、OGPのog:type が articleの場合での、動作検証です。他のタイプのときは検証していません。

Facebookの外部サイトの「いいね!ボタン」をクリックした「いいね!」の共有範囲の影響はあるのか?

この共有範囲の設定が、ニュースフィードに表示されるかどうかに影響があるのでしょうか?

気になる所です。

まずは、その設定の変更する場所の説明です。

まず、自分のプロフィール画面を開き、メニューの「いいね!」をクリックします。

 

「お気に入り」の欄に「編集」のボタンがあるので、それをクリックするとお気に入りの編集画面になります。

お気に入りの編集画面を、ずーと下へスクロールすると『あなたが「いいね!」している他のFacebookページ』という項目がありますので、そのドロップダウンメニューで共有範囲を設定できます。

ここを変更すると、以前のいいねをしたアクティブティ・ログも変更されます。

共有の設定が、いいね!ボタン後の動作に影響するか検証してみました。

  1. 共有範囲「公開」、「コメント無しいいね」
  2. 共有範囲「公開」、「コメント付きいいね」
  3. 共有範囲「自分のみ」、「コメント無しいいね」
  4. 共有範囲「自分のみ」、「コメント付きいいね」

 

動作検証は、友達関係にあるテストユーザー(HarryとLinda)で行っっています。

まずは1,2の共有範囲「公開」の場合のアクティビティログ

それぞれの、アクティビティログの表示です。

上が1の「コメント無しいいね」、下が2の「コメント付きいいね」のアクティビティログの表示です。

次に3、4の共有範囲が「自分のみ」のアクティビティログです

上が、3の「コメント無しいいね」、下が4の「コメント付きいいね」のアクティビティログの表示です。

共有範囲が「自分のみ」であっても、コメントをつけた場合は共有範囲が「公開」になっています。

注目すべきは、

いいね!ボタンのみでコメントのない場合は「リンクについて「いいね!」と言っています。」というアクティビティ
なのに対して、
コメントをつけた場合は「リンクをシェアしました。」になっています。

 

Harryさんの友達のLindaさんのニュースフィードのキャプチャです。

「リンクをシェアしました」のアクティビティは、ニュースフィードに表示されています。

コメントをつけた場合は、ニュースフィードに表示されています。

まとめ

  • いいね!ボタンをクリックした場合のアクティビティは「いいね!と言っています」なので、ニュースフィードに表示されない。
  • いいね!ボタンをクリックした後、コメントをつけた場合のアクティビティは「リンクをシェアしました」なので、ニュースフィードに表示される。

外部サイトの「いいね!」の共有は、ボタンをクリックした人の行動に依存する

OGPを設定すれば、外部サイトでの「いいね!」がニュースフィードに掲載されるということはないようです。つまり、サイトの運営者が、ニュースフィードに掲載させるかどうかをコントロールすることはできないということです。

しかし、「いいね!」の後にコメントをつけれるように、Facebook純正のソーシャルプラグインでボタンを設置しているほうが良さそうです。(追記 xfbmlで設置するほうがよい)

外部サイトでは、「いいね!」だけで、ニュースフィードに表示されなくなったので、以前より拡散性は低くなったと言えます。

しかし、「いいね!」をクリックする人が、それを「シェア」するかどうかをコントロールする権限を持っているほうが正常だと言えます。

サイト運営者は、「いいね!ボタン」の動作を気にするよりも、読者がシェアしたくなるような、よいコンテンツを作成することに時間と労力を注いだほうが良さそうですね。

【追記 2012/10/12】

ブログの記事で「いいね!」をクリックしても、友達のニュースフィードに表示されることが確認されました。

しかし、「いいね!」よりも「シェア」のほうが表示されやすい。もちろん「シェア」よりも「投稿」のほうが、表示されやすいですし、外部サイトでのアクティビティよりもFacebook内でのアクティビティのほうが表示されやすいです。

また、自分と友達の「つながりの強さ(エンゲージメント)」も表示に関係します。

「いいね!ボタン」の動作は「OGP」設定でニュースフィードに情報が飛ぶのか?

Il like button morto (lo dice Facebook) by paz.ca

ブログやサイトにいいね!ボタンを設置している人は多いと思います。

去年の春くらいから、
ブログやサイトにいいね!ボタンは設置するときはOGP(Open Graph Protocol)を設定しよう。OGPを設定してないと「いいね!ボタン」をクリックしてもクリックし本人のウォールには掲載されるが、その友達のニュースフィードには掲載されない。

というようなことが、話題になっています。

参考

OGPを設定しても、ニュースフィードに飛ばなくなったのでは?

僕のブログもOGPを設定しました。設置後、「いいね!ボタン」をクリックすれば、友達のニュースフィードに表示されていました。

しかし、本日(2012/02/15)当該ブログの「いいね!ボタン」をクリックしても、友達のニュースフィードには情報は掲載されません。「最新情報」と「ハイライト」を変更してみましたが、表示されないようです。

Facebookの外部に設置されている「いいね!ボタン」の動作の仕様が変更になったのではないかと思います。

検索して情報を探したけれど、めぼしい情報が見つからなかったので推測の域を超えないのですが。

そもそもLikボタン(いいね!ボタン)の動作とは

以前は、外部に設置するボタンにはShareボタンがありました。そして、LikeボタンとShareボタンはその挙動に違いがありました。

Likeボタン

  • 自分のページに画像なしのリンクが出来る
  • コメントなし
  • Friendsへの通知が行われない
  • Friendsのハイライトへの通知が行われず、最新情報へ通知される

Shareボタン

  • 自分のページに画像ありのリンクが出来る
  • リンクにコメントを付けられる
  • Friendsへ通知が行われる

via:「いいね!」ボタンを設置しよう | Facebook Guide

そもそも、いいね!ボタンをクリックした場合、自分のウォールに掲載されるだけです。友達のニュースフィードに掲載されるのは「Shareボタン」の動作です。

「いいね!ボタン」でShareされるのは不便

「OGP」を設置しているサイトとそうでないサイトで「いいね!ボタン」をクリックした時の動作が異なるのは、クリックする立場からするととても不便です。

元々「いいね!ボタン」は、自分の備忘録的に使用していました。例えば、ある有用な情報をブログ記事で見つけた時などにストックする為です。以前のブラウザの「お気に入り」や「ブックマーク」と同様の用途です。

自分が「いいね」と思って、クリックした行動が、クリックした本人の意思に関係なく友達に知られてしまうと、以前のように備忘録として使用できません。備忘録として使用するには「いいね!ボタン」をクリックした後に、わざわざニュースフィードに掲載されていないかチェックして、公開設定を「自分のみ」に変更しなければなりません。

自分だけの備忘録ならば、「いいね!ボタン」、友達にも知らせたいなら「Shareボタン」と、クリックする本人が選択できるほうが便利です。

しかし、上記リンク先のページにも書いているように、今後「Shareボタン」は廃止されます。

【重要!】FacebookはShareボタンを段階的に廃止します。現時点では、まだShareボタンはサポート有。
via:「いいね!」ボタンを設置しよう | Facebook Guide

Shareボタンの代わりSendボタンが登場。しかし...

Shareボタンは段階的に廃止されます。その代わりに登場したのが「Sendボタン」(「送る」ボタン)です。

「Sendボタン」をクリックすると、「宛先」と「メッセージ」を入力するダイアログボックスが開きます(下図参照)

送るボタンダイアログ

宛先に「友達の名前」や「グループの名前」もしくは「メールアドレス」を入力します。「メッセージ」は空欄でも構いませんが、「宛先」入力しないと送ることはできません。

試しに、友達の名前を入力して「送る」クリックしたら、その友達の「メッセージ」に届きます。ニュースフィードには表示されません。「送る」ボタンの動作は「Share」ボタンのそれとは異なります。

(動作の検証には、Facebook Developerでアプリを作成し、テストユーザーを作成して行っています)

友達のニュースフィードに表示させたいなら

「いいね!ボタン」をクリックした後に、押した本人が自分のウォール(もしくはタイムライン)に移動し、そこで「Share」をクリックする必要があります。本人じゃなくてもいいですが、他人のウォールをわざわざ見る人は少ないでしょう。

または、「近況アップデート」の入力欄に、WebページのURLをコピペするかです。

シェアをする本人が、自分の意思でシェアをしなければ、友達のニュースフィードには表示されないのです。

「いいね!ボタン」をクリックした後の動作(シェアするのか、しないのか)が、そのサイトにOGPが設定されているか、いないかに依存するのではなく、自分の意思でコントロールできることの方が、当たり前だと思います。