iPhoneでFacebookに投稿した写真のGEOタグ

Facebook

意図せず、FacebookにGEOタグの付いた写真を投稿してしまったようだ。

iPhoneに保存されている写真の撮影日時を確認したくて、iPhoneアプリの「PHOGPHOG」「Koredoko」をインストールしてわかりました。
(最近は、iPhoneのプレインストールアプリの「写真」でも、位置情報が確認できます。iOSのアップデート後からでしょうか?)

カメラのアプリには、位置情報サービスが使えないようにしています。(設定>位置情報サービスで、各アプリで位置情報サービスを使用するかどうかの設定ができます)

しかし、GEOタグの付いた写真が撮影されているのはなぜか?

おそらく、Facebookアプリが位置情報サービスをオンに設定されている場合で、Facebookアプリから「ステータス」または「写真」を開き、写真を撮影した場合にGEOタグが付くのではないかと思いますが、定かではありません。

この投稿を書くにあたり検証してみたのですが、現在はFacebookアプリから撮影してもGEOタグは付きません。

なにせ、半年ほど前の話で、Facebookアプリがアップデートで仕様の変更されたのかもしれません。

iPhone上で、「Koredoko」を使って写真を確認すると、自宅の場所と住所まで正確にわかります。その写真をFacebookにアップしているので、さすがに気持ちが悪いので、投稿を非公開や削除にしました。

念のため、Facebookに掲載されている写真をダウンロードして、フリーソフトの「画像 × googleマップ」で位置情報を確認したのですが、GEOタグはついていない!

ということは、Facebookにアップロードした写真は、Facebook側で削除されているってことでしょうか?

知っている人がいたら、教えてほしいです。

【追記 2013/03/05】

Naverまとめで参考になる情報を見つけました。

Facebookでは写真のアップ時にExifを自動で削除してから公開するが、Picasaやmixiではそのまま公開してしまう。

ツイッターでは公式アプリや「Instagram」からの投稿ならExifは削除され、「Twitpic」では削除されない。

サービスやクライアント、投稿方法ごとにExifの扱いが複雑に異なっている。サービス側の設定にも気を配っておこう。

引用元 http://matome.naver.jp/odai/2133518753816013101/2133519334216603103

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました