LinkedInを装ったメールの続き「Webサイトの改ざんに注意」

前回のLinkedInを装ったメールからの続きです。

メールに記載されている偽のリンク先が「wps.php」となっています。このphpファイルのことが知りたくて、Webで検索してみました。

link-html

ファイル名の「wps.php」をキーワードにGoogleで検索をしてみると

「wps.php」をキーワードにGoogleで検索してみると、LinkedInを装ったスパムメールの他に「DELTA」を装ったもの、「PayPal」を装ったもの、「NACHA」を装ったものなど、同じような手口で、悪意のあるプログラムが埋め込まれたページへ誘導するスパムメールについて書かれていた記事が見つかりました。

また、悪意のあるプログラムが埋め込まれたページそれ自体も検索結果に表示されます。

また、放置された掲示板やブログのコメント欄、フォーラムなど、誰でも投稿できる場所に、「wps.php」を含むリンクが掲載され、悪意のあるプログラムが埋め込まれたページへ誘導しようとしているのが見つかりました。

誘導先のURLを見ると、以下の事がわかります。

Jumuraで構築されたサイトが改ざんされている

リンク先が「http://{ドメイン名}/templates/beez/wps.php?c002」や「http://{ドメイン名}/modules/mod_xsystemx/wps.php?c002」の場合(?c002の部分は異なる場合がありそう)、オープンソースのCMS「Jumura」で構築されたサイトが改ざんされて、サイバー犯罪者に利用されています。

beezというのはjumuraのデフォルトテンプレートですが、最新のjumuraでは「beez5」とか「beez_20」のように「beez」というディレクトリ名の後に数字が付いています。「beez」だけの物は以前の古いバージョンのものと思われます。

セキュリティホールがある古いバージョンのjumuraを、そのまま使い続けていて改ざんされたと予想されます。

WordPressで構築されたサイトが改ざんされている

WordPressもjumura同様オープンソースのCMSです。最初はブログ用のCMSでしたがバージョンアップを重ね、一般的なWebサイトも構築できるCMSになりました。ちなみにこのブログもWordPressを使用しています。

リンク先が「http://{ドメイン名}/wp-content/plugins/wps.php」や「http://{pappman.com}/wp-content/plugins/tell-a-friend/b.php?v20120226」、「http://{addhelpsite.com}/wp-content/themes/toolbox/wps.php?v20120226」などのように(wps.phpの後のパラメーター?v20120226は異なる場合がありそう。日付かな?)URLに「wp-content」が含まれる場合は、WordPressで構築されたサイトが改ざんされて、サイバー犯罪者に利用されています。

「NACHA」を騙る英語のスパムメール(http://sns.hamatch.jp/blog/blog.php?key=45371)では、リンク先がhttp://{flesland.kkonsult.net}/wp-content/themes/mantra/uploads/wps.php?nacha となっています。mantraというテーマファイル内に、問題のファイルが含まれています。

mantraのテーマには、そもそもuploadsフォルダ(ディレクトリ)はないので(参考:http://wordpress.org/extend/themes/mantra)テーマファイルに悪意があったのではなく、改ざんされたと思われます。

 「DELTAを装うフィッシングメール」では、リンク先がhttp://forums.akherhaga.com/wps.php?v20120226となっています。リンク先のドメインルートの「http: //forums.akherhaga.com/」をgredでチェックしたら安全と評価されたので開いてみると、イスラム語?のフォーラムサイトでした。

イスラム語なので、まったく何を書いているのかわからないがフッターを見ると「Community Forum Software by IP.Board 3.3.4」とクレジットがあった。IP.BoardというCMSを使ってコミュニティを構築しているようです。こちらも改ざんされたのではないかと思われます。

自分のブログやWebサイトを所有している人は、改ざんされていないか要チェック

偽のリンク先を調べると、オープンソースのCMSで構築されたサイトが改ざんされていることがわかります。

改ざんされても、任意のディレクトリに「wps.php」とうファイルを置かれるだけなので、Webサイトの表示に支障はなく、サイト管理者は改ざんされたことに気づきません。

ひとまず、私は自分のBlogが改ざんされて「wps.php」が置かれていないか、FTPソフトの検索機能を使ってチェックをしました。

もちろん、バージョンは常にチェックをして最新のものに更新をしてます。

WordPressなどのオープンソースのCMSを使って、Webサイトを構築することが主流になって久しいですし、構築やカスタマイズの手法の情報はWebで検索すれば多数みつかります。しかし、カスタマイズするとき、セキュリティ対策は二の次になるケースが多い。

サイバー攻撃の手法が、Webサイトを改ざんする手口が増えているようですので、サイト管理者はセキュリティについて手を施す必要がありますね。

また、改ざんされた悪意のあるコードを含むページへの誘導は、今回のLinkedInを装った偽メールのように、メールから誘導するケースもありますが、放置されているブログのコメント欄や掲示板など、不特定多数が書きこみできる場所に、偽リンクを書き込んでいます。なので、WordPressでなくて、無料ブログや掲示板でも放置したままになっている場合は、サイバー攻撃の片棒を担ぐことになるので、放置したままのブログや掲示板は、チェックするか閉鎖した方がいいでしょう。

ちなみにこちらは広告。こちらWordPressの本はセキュリティ対策についても記載されています。

こちらは、基本から体形的にWebアプリケーションのセキュリティについて学ぶのによさそう。

LinkedInを装った偽メール

Gmailの迷惑メールフォルダを覗いてみると、2013年の3月1日にLinkedInを装ったスパムメールが届いていました。

スパムメール
メール本文にはWebページへのリンクが記載されており、おそらくフィッシング狙いかドライブ・バイ・ダウンロード狙いではないかと思います。

ドライブ・バイ・ダウンロードとは、Webページをブラウザで表示するだけで、悪意のあるソフトウェアをダウンロードし、インストールさせる手口です。パソコンにセキュリティホールなど脆弱性がある場合に、感染してしまいます。

英文のメールであり、LinkedInを使用していないこともあり、また迷惑メールフォルダに振り分けられたこともあり、引っかかってしまう確率は低いと思いますが、メールを考察してみたいと思います。

送信元の偽装

mail-address

LinkedInを名乗っていますが、表示されているメールアドレスのドメインが「mobainc.com」となっており、LinkedInのものではありません。

URLリンクの偽装

link

メールはHTML形式です。ですので、メール本文にHTMLタグを使ってリンクを記載することが可能です。そのURLリンクが偽装されています。

リンクテキストにマウスポインタを載せると、LinkdInのWebサイトのように表示されますが、実際は違います。(マウスポインタが「指」に変わらないのが不可解ですけど)

メールのソースを表示して、リンクテキスト部分のHTMLを確認すると、以下のようになっています。

link-html

赤線部分をみるとhref属性に設定されているのはLinkedInのURLではありません。title属性にhttp://www.linkedin.com”を設定して、リンクテキストにマウスを載せると表示されるように設定していますが、それは本当のリンク先ではありません。

リンク先に設定されているページに、有害なプログラムをインストールさせるような仕掛けが仕込まれているのではないかと予想されます。

リンク先に設定されているページをgredというWebサイトの安全性を評価するサイトで調べてみましたが「403 Forbidden」が返ってきました。表示するパーミッション(権限)が与えられていないってことです。

なぜ「template」ディレクトリ内のページなのか?

このURLリンクを見ると「templates」と名づけられたディレクトリ内のページです。普通は、Webサイトの訪問者に表示させるファイルを格納するディレクトリではなくて、CMSなどでぺーじのテンプレートを格納しているディレクトリに、このような名前をつけます。
では、なぜ「templates」と名前をつけられたディレクトリ内のページへアクセスさせようとするのでしょうか?

それが気になって、調べるととても興味深いことがわかりました。続きは、また改めて投稿します。

 続き書きました。こちら「Webサイトの改ざんに注意

ブログ村へのリンク

ブログ村へのリンクを、テキストからボタンの画像に変更してから、順位が落ちている気がする。

以前は、ブログ村の「たがわ情報」で1位になる事が多かったのに、このところ4位とかになっている。

テキストのままのほうがクリック率が高かったかな?

と思って、Analyticsで調べようとしたら、ブログ村へのリンクをクリックを計測できるように設定していなかったみたい。

しくじった。

再度、リンクの設定を変更して検証してることにします。

Yahoo!JapanがGoogleの検索エンジン採用を本日発表

これは、ビッグニュースだ!!


Yahoo!JAPAN、Googleの検索エンジンと広告配信システムを採用 正式発表


日本では検索市場の5割以上をYahoo!Japan、約3割をGoogleが占めているとのこと。(産経ニュースの記事より

この2つで、国内検索エンジンシェアの8割を超える。

Yahoo!Japanがグーグルの検索エンジンを採用することになれば、8割以上の人にグーグルの検索結果が表示されることになる。

今まで、Yahoo用のSEO、Google用のSEOとそれぞれの検索エンジンに対しての対策があった。

米国などでは、国内検索シェアの割合がGoogleのほうが高く、SEOと言えばGoogle対策だが日本ではYahoo!Japanのシェアが Googleを上回っていたのでYahoo!Japan対策のほうが重要だった。

Yahoo!JapanがGoogleの検索エンジンを採用することになると、Yahoo対策は必要なくなる。

このブログ以外にもブログを持っているが、それらのブログはYahooよりもGoogleからの訪問者が多い。

あるブログは、検索エンジン経由の訪問の75%がGoogleからの訪問で、中には90%がGoogleからの訪問のサイトもある。もちろん、記事の内容 がパソコンネタなのでGoogleからの訪問が多いのだが、パソコンネタを書いていないこのブログでさえ、検索エンジン経由の訪問のうちGoogleから が85%なのだから、自分にとって有利だと思う。

Googleからの訪問のほうが、Yahooからの訪問より多いからといって、Googleでの検索順位のほうが高いということの根拠にはならないのだが、以前検索順位を調べるツールでは、Googleでの検索順位ほうが概ね好調でした。

Yahooで検索順位を上げるよりも、Googleで検索順位を上げるほうが得意だなぁと思っていたから、Yahoo!JapanがGoogleの検索エ ンジンを採用するというニュースは、僕にとってとてもうれしいニュースです。

ニュースには

ニュースリリースでは、「契約の対象は検索エンジンと検索連動型広告配信を表示するシステム部分のみ」と強調。Yahoo!JAPANとGoogleは、 広告と検索サービスを含むすべてのサービスにおいて、今後も競い合う関係であることに変わりない」としている。

とあるが、これはYahooはオーバーチュア広告は、なくなるということだろうか?

検索エンジンと検索連動広告配信システムを、米Yahoo!のものから切り替える。

とも書かれているな。


しかし、他のニュースサイトに書かれているように、一つのサービスがシェアを独占することに対しての懸念も確かにある。

Googleの事を「G様」と言ったりするが、これは「God」のGと「Google」のGをかけたもの。

Googleが独占すると、神様ぶりがさらに加速する。

Googleからの訪問とYahooからの訪問が半々くらいなら、G様に嫌われてもYahooからも訪問は減るわけではない。

しかし、GoogleのみになるとG様に嫌われるとオシマシ。

リスクの分散ができない。

サイトで収入を得ている人は、G様に嫌われないように細心の注意が必要になる。

もしくは、検索経由に代わる集客方法を手に入れる必要がありますね。

Kangolのハットをネットで購入

一つ前の記事にも、チラッと書いたけど、ネット通販で帽子を買いました。左の写真が今回購入した帽子。KangolのTropic Duke(Black)です。

今までに、ネットの通販で購入するのは本かCDばかりです。それ以外のものってのは、滅多にネット通販で購入しません。ネット購入経験者で一番多いタイプですね。

その、一番多いタイプのネットユーザーが、今回ネットで帽子を購入するまでに至った経緯を、詳細に記録しておこうと思います。

たかが、帽子一つ買うのに、そんなに手間取っているのか?と、指摘されそうですが、こういうケースもあります。

普段は、ショッピングモールとかの実店舗で、陳列されている商品を手にとって、被ってみて、買うというケースが多いです。予め帽子を買うために出かけて購入というより、どちらかというと衝動買いで帽子を買うことが多い。

今回も、彼女が父の日のプレゼントの買い物に付き合って、志免にあるイオンモールに行った時、彼女がお父さんへのプレゼントを選んでいる傍らで、なんかなし暇つぶしで帽子を被ってみたりしていました。

この手のハットって、深く被らずに、おでこが半分見えるくらいに浅く被りたいんですよね。

それと、つばが小さいのが欲しかった。

それはたぶん、この手の帽子といえば、こんな人たちが思い浮かぶからでしょう。

Spcials

深く被らずに、おでこの途中に引っかかっている感じです。

その時、気に入ってはいたのですが、買わないまま帰りました。

しかし、日が経つと、どうしても欲しくなってしまったので、直方のイオンに行ってで、カンゴールの帽子を探してみたけど、取り扱っている店はありませんでした。

この時点で、一度ネット購入を考えたですが、送料もかかることですし、「カンゴールならどこでも置いているだろう」ってな具合で、どこか買い物に行った時に買えばいいやって思って、ネット購入はしませんでした。

また、「Goorin Bros」というメーカーにも欲しい帽子があったので、出来れば両方いっぺんに買って送料を無料にしたいところでしたが、「Goorin Bros」のMを置いていて、KangolのMも置いているという店がなかったので、ひとまず、ネットでの購入を取りやめました。

後日、黒崎のイオンに行ってみたけど、やっぱり置いている店がない。

カンゴールってどこでも置いているくらいメジャーと思っていたのに意外でした。

しかたなく、そのまた後日に志免のイオンに再び行きました。

けど、サイズがLしかない。以前、被った時は確かMがあったはずです。
店員に尋ねましたが、Mは置いていないとのこと。

ということで、Mサイズがないので、買いませんでした。

それで、先週の金曜日に、ジャムセッションのピアノの緒方を福岡まで送って行ったついでに、天神によって見ましたが、やはりMサイズがない。

お店の店員さんが「サイズありますから?、言って下さいね?」っていうから、Mサイズを頼んだら、置くに探しに行って「この帽子は、元々1サイズですね?」って言います。

1サイズなら、「L」って書いてないでしょ?

しかも、ネットではS、M、L、XL、XXLのサイズが売ってるのに。

この時点で、リアルの店舗での購入はあきらめました。

とりあえず「Goorin Bros」の帽子は、今回は置いといて、KangolのTropic Dukeのみをネットで買うことにしようと決めました。

ネットの購入ですが、もう欲しい商品がきまっているので、ブランド名と商品名の「Kangol Tropic Duke」で検索です。

検索結果をクリックして、購入する店を選びます。

楽天の中に、Kangol Tropic Dukeを取り扱っている店は、4つありました。

そのうち、一つはサイズがLのみ。 PLAYERZ

他の3つ、PRASTONSPOTZRIFFLE PAGE 2nd

は、Mサイズも置いていました。

また、検索結果には楽天以外の店舗もありました。

楽天に出店しているPRASTとPLAYERZは、Yahoo Shoppingにも出店していました。そして、Yahoo Shoppingでは、Kangol のTROPIC DUKEの取り扱いは、この2店のみです。

KANGOL(カンゴール) 帽子 ハット TROPIC DUKE, Black(PRAST)

KANGOL (カンゴール) TROPIC DUKE トロピックデューク 2カラー ブラック/ホワイト(PLAYERS)

同じお店で同じ条件ならば、ポイントを貯めているとか、会員登録しているとかの理由で、普段買い物しているモールの店舗を選びますね。

僕は、楽天のポイントが溜まっているので、楽天の中から店舗を選ぶことにしました。

選んだのは、ONSPOTZです。

理由は、たまたまキャンペーン中で送料が無料だったから。値段は、どの店舗でも一律「6,615 円」で同じでしたし。

欲しい物のブランド名や商品名がわかっている場合のネット購入は、こんな感じじゃないでしょうか?

絵に描いたような消費者行動ではないでしょうか?まさに、Typical?型にはまった人間です。

Kangolのように、取り扱いの店舗が複数あって、値段も同じ、となると結局選ぶ基準は、送料ってことになるんですよね。それ以外にも、差別化するところはあったのかもしれませんが、送料が一番わかりやすい。

また、PRASTとPLAYERZは、普段利用するモールがYahoo shoppingの人をターゲットとした場合、楽天の4店舗よりも、競合が少ないということになります。しかし、PLAYERZはサイズがLしか置いていないので、普段利用するモールがYahooで、頭のサイズが小さい、もしくは大きい人がターゲットの場合は、PRASTの一人勝ちです。

 

しかし、福岡の実店舗はどうしてサイズは「L」ばかりなんでしょう?

もしかして、「M」の方が先に売れてしまっているのでしょうか?
そういえば、仕事用のパンツを買いに行ったけど、僕のサイズはことごとく売り切れでした。

もしかすると、僕は消費行動のみならず、体形も一般的なのでしょうか?

 

さて、ネットで検索をしていると、Kangolはマリノアシティに取り扱い店がありました。

今度は、そこで気に入ったのを見つけて、サイズがなければネットで購入します。

それと、もしかしたら「小さいサイズの帽子」ってニーズがないのかなぁって思って、検索してみると、すでにサイズのバリエーションの多いショップや、手作り、オーダーメイドの帽子屋などありましたね。

アトム誕生の日に何かが起こる時計

atom-clock

アクセス解析をチェックすると6月3日にアクセスが増えていました。

調べると以前書いた豊後高田の昭和ロマン蔵のページにアクセスが増えていました。キーワードは「2003年4月7日 アトム誕生日 何かが起こる」の組み合わせ。

そう言えば、この日のダウンタウンDXで大和田伸也が、アトムグッズの事を話していたんでした。

番組での大和田伸也の話では、「何かが起こると言うことで買ったが、何も起こらなかった」というのがオチだったんですが、観ていた人は何が起こるのかが気になったんでしょうね。

気になった事を調べるのに、Webで検索する人が如何に多いかって事を実感しました。

しかし、僕のページには何が起こるのか書いていなかったので、直帰率は高い。みんなページビューは1ページのみです。目的のないブログですから、偶然の訪問者のその後のアクションについては、期待もないわけですしね。

サイト訪問者に期待するアクションがあって、今回のような偶然の訪問者が、その期待するアクションをしてくれていたら、これは「おいしい」ってことになると思います。

こういう方法でのアクセスアップって、偶然であって、狙って出来る事ではないから、地道にブログの記事を書いていれば、偶然においしい出来事が起こる確率も増えるってことでしょう。

ちなみに、このアトムの時計は2003年4月7日に何が起こるのかというと、ベートーベンの交響曲「運命」が流れる中、上半身を起こして目を開けるとのことらしいですが、写真の時計はどうでしょう?上半身が起き上がると、外の透明ケースに当たりますよね。

しかし、豊 後高田の昭和ロマン蔵のページに洒落で載せたあの写真も、いろんな人に見られてしまったってことか.....

 

 

父の日のプレゼントは困る。

父の日のプレゼント選びは困る。何をプレゼントすれば良いのか思い浮かばないので、ほぼ毎年父の日は何もプレゼントを贈らないです。

母の日は、目ぼしいものがなければカーネーションを贈ればいいから困らないが、父の日のお決まりのプレゼントってのはあるのでしょうか?

とおもっていたら、こんなサイトを発見。

パジャマ屋さんです。

プレゼントにパジャマはいいチョイスですね。

プレゼントは、常々欲しいと思っているけど、なかなか自分で買わないものってのが喜ばれます。シルクのパジャマなんてのは、「欲しい」と思っても高価だから、欲しいと思っていてもなかなか手が出ず、自分で買う時は、安価なコットンのパジャマを買うことが多い。

なかなか自分で買う時には手の出ないシルクのパジャマなんかは貰うとうれしい。

外出時に着るものではないから、少々デザインが気に入らなくても着用してもらえそう。

今年は、めずらしく父にプレゼントをしてみようかと思った次第です。

が、今年は母の日にプレゼントをするのを忘れていた。

母の日は、毎年神幸祭の一週間前。

ついつい忘れてしまうことが多い。

と思ったら、このショップ。こんな企画もしていました。

やるなぁ。思わず感心。

いいプレゼントが思いつかないから、父の日にプレゼントをしなかったてのもありますが、息子からすると父は同性であるので「照れくさい」というのもあります。母の日の方が、照れくささがない。

また、昭和一ケタ台の九州男児は、気難しいし、素直じゃない。

プレゼントをあげても、素直に喜ばない。本当、かわいくない。

そういうことで、「遅れてごめんね母の日プレゼント」のついでに、プレゼントするのも悪くないかな。

テレビ番組から学ぶマーケティング手法

お久しぶりです。

4月に入り新年度になりました。

めったにテレビを見ないほうですが、今日は久しぶりにテレビを観ました。プラス、自宅でパソコンに向かう時間もできたので、久々の投稿です。

爆笑問題の「雑学王」を観ていたら、アンテナに引っかかる内容のものがあったので、備忘録をかねてアップです。

六度法マスターノートが売れた理由

六度法マスターノートとは、別名「美しい文字が書けるようになる練習ノート」です。 詳しくはこちら、楽天ショップに飛びます

角度が6度の右上がり文字が、美しく見えるということから、水平に対して6度の線が引かれたノートです。

このノートですが、ノート売り場に商品を陳列するのではなく、ある商品の横に陳列することで売り上げが伸びたそうです。

ある商品とは、履歴書です。履歴書に並べて陳列することで売り上げが伸びたそうです。

なぜか?

履歴書を書く人は、綺麗な字を書きたいという潜在的なニーズ(ウォンツかな?)を持っているからです。

客の隠れたニーズを見つけ、そのニーズを持った人の前に商品を露出させ、購入させるという手法の良い例だと思います。

アフィリエイをする場合は、この手法を手本にすることができそうです。

たとえば、履歴書の書き型だとか、雇用保険や職業訓練、資格取得などの教育コンテンツのサイトや情報サイトを作成する。
そのサイトに訪問する人は、履歴書を書くわけで、綺麗な字を書きたいと欲求があるでしょうから、その人の前にこの商品を露出すれば売れる確率は高い。

けど、アフィリエイトじゃ報酬が低すぎますから、もっと沢山の隠れたニーズを見つけて商品を掲載しないと、作業量の割にある報酬は見込めないでしょうね。けど、こつこつとやる事が大切。

これって、実店舗で行った事で、履歴書を買う人は、美しい文字を書きたいというニーズを持っているのではないかというのは、想像力から導き出したのかもしれません。

履歴書を買う人は、美しい文字を書きたいと思ってるという仮説。

実際に屋って見る。

結果を検証。

だめなら、次の案

の繰り返しで、見つけたニーズなのかもしれません。

ちなみに、ゲスト解答者の答えは「レターセット」「祝儀袋」などもありました。

手紙を書こうとしている時や祝儀袋に名前を書こうとしている時も、「美しい文字を書きたい」と思うときです。

「レターセット」や「祝儀袋」の横に「六度法マスターノート」を陳列しても、売り上げが上ったか?

それは、わかりませんが、現在の社会状況を読み取ると「手紙を書く人」よりも「履歴書を書く人」の方が、多そうです。

これと、同じようにある商品の横に陳列することで売り上げを伸ばした商品に「SALASA」というボールペンもあるそうですが、これはどの商品の横に陳列したか忘れました。後ほどわかったら追記します。


温めなくても食べれるちょい食べカレーがヒットした理由

グリコ ちょい食べカレー中辛 30g×4本

商品の詳細はリンク先で楽天に飛びます。

こちらのちょい食べカレー。スーパーなどで、レトルトカレーやカレールーなどのコーナーに陳列せずに、他のコーナーに陳列することで、ヒットしたそうです。

その場所とは?

これは、簡単ですよね。「温めなくても食べれる」てのが、この商品のセールスポイントです。

答えは、ふりかけ売り場です。

子供の弁当に添えるふりかけを探しているお母さんに、訴求します。

漫画全巻ドットコムが同業他社との差別化で行っている事

名前からわかると思いますが、漫画を全巻まとめて売りをするサイトです。

つまり、「大人買い」をする人をターゲットにした漫画のショッピングサイトです。漫画全巻ドットコムはこちら。

しかし、「大人買い」をターゲットにした漫画のショッピングサイトは、競争相手が多いと思います。特に書籍はアマゾンという最大手がいますから。

しかし、この漫画全巻ドットコムは、ネットショップを立ち上げてから4年になるそうですが、年商が10億円を超える成長をしたそうです。

では、漫画全巻ドットコムは、どのような事をして差別化を行っているのか?


それは、掲載する商品の情報です。

値段や巻数以外に、読み終わるまでにかかる推定の時間を掲載しているとのこと。

たとえば、ドカベンならば、1-48巻。推定完読時間18時間24分と記載されています。こちらでドカベン全巻の商品ページを確認できます。

実際にスタッフが全巻を読んで、時間を計っているそうです。

全169巻のこちら葛飾区亀有公園前派出所は?

こち亀全巻の商品ページ

まぁ、推定時間という情報に価値があるというよりも、このような話題になりやすい事をして、メディアに取り上げられることが、もっとも大きな効果を出しているんだと思うんです。

僕みたいにブログに書く人もいるわけですからね。

ハイボールが復活した理由

ブログの力ということで、サントリー角瓶の例を取り上げます。

サントリーはハイボールを復活させることで角瓶の売り上げをアップさせました。

そのマーケティング手法は、人気ブログを書いている人達を集めて、ハイボールのセミナーを行ったそうです。

その結果、前年比131%の売り上げ増だそうです。

ブログがマーケティングの手法に使えるということは、確実です。

雑誌「Mart」がヒット商品にするための特集の仕方とは?

生活を楽しむ雑誌「Mart

企業とコラボして、ヒット商品を連発しているそうです。

たとえばこれ。桃屋とのコラボの商品です。

★品薄大人気商品★桃屋辛そうで辛くない少し辛いラー油【食べるラー油】

商品のネーミングからしてすごいですね。辛そうで辛くない少し辛いラー油って。

品薄のようです。

さて、「Mart」はどのような特集の組み方をして、手がけたヒット商品にしているのか?

答えは、「同じ商品を繰り返し特集を組む」だそうです。

一度ある商品の特集を掲載したら、その感想を「Mart」のサイトで、読者から投稿してもらう。

その投稿された内容を元にして、同じ商品を角度かえて特集を組む。のだそうです。

たとえば、Martと貝印のこらぼの、穴あきシリコンカップはお弁当のおかず仕分け用として紹介したり、一般の食卓の食器としての使用法で紹介したり、パーティピックとして紹介をしたり、角度を変えて特集を組むのだそうです。

そして、その特集は、ネットを使って読者の声を聞きいえれて、内容に反映させているそうです。

まさに読者のみなさんの声から生まれたオリジナル商品です。

この「Mart」のキャッチコピーは「読者の声から生まれた」とか「Mart会員の声から生まれた」なんです。

ネットの双方向性を活用していますね。

そして、「いろんな角度から特集を組む」ことは、「シーン別にランディングページを作る」ことと同じです。


すべての記事の最後に同じ文字を入れる(よかよかブログ)

ブログは、データベースから記事などのデータを呼び出して、テンプレート(定型のフォーマット)に割り当てて表示する仕組み(システム)です。 ですので、テンプレートを編集すれば、その編集内容はすべてのページに反映されます。

※テンプレートのカスタマイズは「html」、「スタイルシート」等の知識が必要です。中級・上級者向けの設定なので自己責任で行なってください。

テンプレートカスタマイズのページを開く

管理画面を開いたら、左のサイドメニューのテンプレートをクリックします。

sidebar

テンプレートの表が表示されます。選択可能一覧に「使用中」と書かれている行が現在使用中のテンプレートです。

「編集」の列の「カスタマイズ」の文字をクリックします。

template

 

テンプレートの種類

template-custmaize

テンプレート名は、そのままでもいいですが、僕はカスタマイズする場合は、名前を変更しておきます。例えば、最後に(カスタマイズ)とつけたりして、カスタマイズしたテンプレートとわかるようにしておきます。例:Clover(カスタマイズ)

スタイルシートは「見栄え」「レイアウト」を指定する為のものです。
今回は使用しません。

トップページは、その名前のとおりトップページ用のテンプレートです。

個別記事は、個別の記事を表示した時のテンプレートです。

アーカイブは「最近の投稿」や「過去の記事」で月別に表示した場合、カテゴリーごとに表示した場合に使われるテンプレートです。

各テンプレートのカスタマイズ

今回はすべてのページで、すべての記事の最後にリンクを表示するカスタマイズを行ないます。ですので「トップページ」「個別記事」「アーカイブ」のすべてのテンプレートに、HTMLのコードを記述します。

しかし、トップページのカスタマイズも、個別記事のカスタマイズもアーカイブのカスタマイズもすべてやり方は同じなので、トップページのみで説明します。

 

まず、トップページのテキストボックスに表示されているのが、テンプレートのソースコードです。

このソースコードに手を加えます。

トップページのテキストボックスの中をスクロールさせて、

「<div class=”posted”>Posted by<%EntryAuthor%> at」と書かれているところを探してください。

じっくりと探してください。(下の図を参考に)

Image5

の上に「<br clear=”all” />」とあれば、間違いなく大丈夫です。(本来、何行目あたりと指定して教えたいところですが・・・・)

その、「<br clear=”all” />」と「<div class=”posted>Posted by<%EntryAuthor%> at」の間に次のようなHTMLコードを書き込みます。

<!—– リンクボタン挿入—->
<div>
<a href=”http://www.ordermade-panya.com” target=”_blank”>オーダーメイドパン屋はこちらをクリック</a>
</div>
<!—ここまで–>

下図参照

Image10

赤い文字の部分がページに表示されるリンクの文字です。

青い文字の部分が、リンク先のアドレスです。(森ピー先生のパン屋へのリンクと、文字になってますので、それぞれで変更してください)
アドレスは半角英数字で記入してください。

HTMLのコードについては、詳しい解説は割愛します。(グーグルで調べれば解決しますよ)

ひとまず、ここまで終わったらテンプレート・カスタマイズページの下にある「登録」ボタンをクリックします。

この後の細かいのは省略しますが、ブログのトップページを開いてみて、各記事の最後に(Posted byの文字の上に)リンクが表示されているばOKです。

Image11

文字だけで、さびしい?
色をつけたりする方法は、また今度。

バナー画像にする場合は、まず自分でバナーの画像を作ってくださいね。

個別ページもアーカイブもやり方は同じ

個別ページもアーカイブもやり方は同じです。

「<br clear=”all” />」と「<div class=”posted”>Posted by<%EntryAuthor%> at」の間に上記のHTMLコードを挿入して、「登録」ボタンを押してください。

補足ですが、作業がしずらくはないですか

カスタマイズページのソースコードが書かれているテキストボックスが狭かったり、その中から「Psoted by」の文字を探したりと、作業がしづらくないでしょうか?

これくらいのカスタマイズなら、さほどたいしたことはないですが、大規模なカスタマイズになると、このページ上でカスタマイズをするのは、作業効率が悪いです。

そのような場合に「テキストエディタ」といわれる種類のソフトを使います。

テキストエディタを使わずによかよかブログのカスタマイズ画面で直接カスタマイズするときも、該当場所を探す為に、グーグルツールバーやYahooツールバーを使ってページ内を検索して見つけます。

または、ブラウザの検索機能を使ってもいいですね。

もし、リクエストあれば検索機能を使って「Posed by」の場所を探す方法も記事をつくります。コメントしてください。

もし失敗して表示がおかしくなったら

テンプレートを再度選び直せば、初期状態に戻るようです。しかし、オリジナルテンプレートを作成している人は、それも失ってしまうでしょう。

ですので、カスタマイズするテンプレートのソースコードを丸々全部、Windowsの「メモ帳」にコピー貼り付けして保存してから、カスタマイズすることをお勧めします。

※テンプレートのカスタマイズは「html」、「スタイルシート」等の知識が必要です。中級・上級者向けの設定なので自己責任で行なってください。

役に立った方クリックお願いします
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ