ギリシャ新婚旅行記 その2 アブダビ空港~サントリーニまで

 アブダビ空港到着

9月17日の朝6時20分、たしか大した遅延もなく、13時間40分のフライトの末、アブダビ空港に到着。ここで9時30分初のアテネ便の乗継です。飛行機を降りて、どこに行っていいのかわからないので、人の流れに従って歩いていきました。

途中、複数の列で人が並んでいて、どこに並べば良いのかわからなかったので、係員の人に飛行機のチケットを見せて「どこに行ったらいい(英語)」と聞いて教えてもらいました。

そして、流れに流されて、進んで行ったら、セキュリティチェックに着きました。

飛行機ビギナーの僕らの勘違いなんですけど、セキュリティチェック後の制限エリアには、お店がなくて買い物できないって思ってたんです。

なので、セキュリティチェックを受ける前に、機内で飲む水とか買い物しなきゃと思って、後戻りして空港内をうろうろしたけど、お店がどこにもない。諦めて制限エリアに入ったら、そこに免税店や売店があるんですね。

良く考えたら、液体の入ったペットボトルはセキュリティチェックで没収されるんだから、外で買っても意味ないですよね。

金のらくだ

ミネラルウォーターを大量に買った妻と、金のらくだです。

金のらくだの後ろには、フライトボードがあって、それを見る人がたくさんいるんですね。なので、ここでの記念撮影は、実は恥ずかしいです。

3時間の待ち時間があるので、ゆっくりと朝のトイレ(大)をしたかったのですが、トイレは人が多くて、ゆっくりできませんでした。

EY91便でアテネへ

アブダビ出発

乗り換えの時間はたっぷりあったんですが、搭乗ゲートを間違って反対側の端まで行って、初めて間違いに気づき、金のらくだのとこまで戻ってきたら、グランドスタッフのお姉さんに名前を確認されて「急いで」と言われ、先導されました。ごめんないさい。けど、9時15分に飛行機は動き出したので(写真の時間より)、ぜんぜん遅れてないですから。

アブダビ空港~アテネ空港のエティハド機内

アブダビ時間で10時30分に機内食サービスです。

ラム肉が第一希望、タンドリーチキンが第二希望だったのですが、僕らの座席が後ろの方で、機内食サービスが回ってきた時には、品切れ。

ベジタリアンメニューしか残っていませんでした。

「ベジタリアンメニューしか残ってないけどOK?」みたいなこと聞かれて、「いやだ」とは言えずに、ベジタリアンメニューを貰いました。

エティハド航空の機内食のフォークやナイフは、使い捨てのプラスチックではなくて、金属の食器でした。

機内は空席があったので、空いてる席で横になって寝させてもらいました。これが随分助かりました。

機内食メニュー
機内食
エティハド航空の食器

アテネ空港着

アテネ空港到着ゲート

およそ5時間のフライトで、アテネ時間の午後1時20分ごろ、アテネ空港に到着。中部国際空港にいた添乗員つきのツアー団体客は、ギリシャ旅行でした。飛行機を降りてから、その団体について行き、荷物をピックアップして入国審査。

入国審査は、超簡単。何も質問されませんでした。税関・イミグレは人がいなくて素通りでした。

アテネ空港で両替

たしか、荷物受取所の近くの両替所で両替をしました。

両替は妻が妻が担当。お互い海外旅行は初めてで、妻は英語はほとんど全くと言っていいほどできません。だけど、臆せずに両替に挑むところは度胸があります。

だけど、両替所のお姉さんが英語で何か言っているのを理解できず、何かもめている様子。

後ろから、助け舟で会話に入ったのですが、僕も何を言ってるのかよく理解できない。この旅行で初めて本格的に英語を話した場面です。

どうも「もっと、お金を出せ」と言っている。「これ以上出さない。これでOKだ」と言って両替してもらったのですが、お姉さんは不可解な表情でした。後から考えると、どうやら「この金額だとレートか手数料が高い。もう少し追加したら、安くなるよ」って言ってたようです。

その親切を断ってるんだから、お姉さんは不可解なはず。正直こちらも初めての海外で疑ってました。ごめんなさい。

アテネ空港での乗継

僕達は、17時45分のオリンピック航空の便を予約してました。待ち時間は約5時間あります。実は、15時00分の便もあったのですが、乗継まで1時間35分しかなく、心配だったので1便遅らせました。

オリンピック航空は遅れるとの噂もあり、できるだけ早く目的地に到着したかったので、早い便にしたかったのですが、結果的に遅い便で正解でした。 初めての海外旅行、しかも飛行機やチェックインなど空港のしくみに不慣れな二人です。きっと、1時間35分では、焦ってうまく乗継ができなかったでしょう。

アテネ空港

5時間の待ち時間は長いと思いましたが、空港で買い物したり、軽食をとったりして、現地の空気に慣れるのにちょうどよかったと思います。

アテネ空港に来ると、観光客が多く既にリゾート地の雰囲気でした。なので、僕も半ズボンに着替えました。

マクドナルドで軽食

マックで軽食。ドレッシングはバルサミコ酢。

注文する時のカウンターにメニューを置いてないんですね。

「メニューありますか?」って聞いたら、「後ろにある」って言われました。

モバイル充電器とWiFi

無料で使えるバッテリーチャージャー

いろんな端末に対応した無料のバッテリー充電ステーション。

バッテリーが無くなりかけていたので助かりました。

空港内はWiFiが無料で1時間使えました。

アテネ空港内の風景

結構、日本人や東洋人がいる

iPhone充電待ちの時、後ろでは日本人の新婚旅行者が、現地手配会社の日本人にいろいろ説明を受けて、ホテルのバウチャーや航空券を受け取ってました。

 


 

クレジットカードが使える公衆電話

日本へ国際電話をかけてみました。クレジットカードが使えるのですが、なかなかうまくいかない。


空港内のショップ
マクドナルドから見た滑走路

オリンピック航空でサントリーニへ

オリンピック航空機に搭乗

18:00を過ぎて、搭乗ゲートが開いてオリンピック航空機に搭乗です。噂どおり、遅れました。

搭乗する皆さん、プロペラ機に何かしらのリアクションがあります。

機内の様子

オリンピック航空機内

フライト時間は50分。

なので、フライトアテンダントは大忙しです。

離陸して、緊急時の救命用具の説明をして、機内サービスのお菓子と飲み物を配って、ごみを集めたら、次は着陸します。てな、感じです。

こんだけ短時間なら機内サービスのお菓子と飲み物はいらないんじゃないのって思いました。

サントリーニ島が見えてきました

窓からサントリーニが見える

ついに、サントリーニ島が見えてきました。

<p >三日月型のカルデラの部分です。


夕日

飛行機の窓から見るサントリーニ島の夕日です。

明日は、イアで夕日を見るぞ。

サントリーニ空港に到着

サントリーニ空港到着

19時00分、サントリーニ空港に到着です。予定より25分の遅れです。

ゲートまではバスで移動です。

 

目的地のイアまで、後もう少しです。

 

ギリシャ新婚旅行記 その1 旅程と福岡空港~アブダビまで

2011年の9月に新婚旅行でギリシャに行きました。 その記事を書こう書こうと思ってたら、丸々1年経っちゃった。 1年越しで、旅行記をブログに書きます。 夫婦二人とも、海外旅行は初めて。普段、飛行機に乗ることもないビギナーです。 英語は、夫の僕が中学生レベルで、妻はほとんどしゃべれません。 そんな2人が、ツアーでなく手配旅行でギリシャに新婚旅行に行きました。

ギリシャ新婚旅行旅程

日次

月日

曜日

都市

時間

活動予定

宿泊

9/16

福岡 名古屋着 名古屋発 18:10 16:25 21:40 NH232で中部国際空港へ   EY889便。搭乗手続き 19:40から 機内泊

9/17

アブダビ アブダビ アテネ   サントリーニ 06:20 09:30 13:25 17:45 18:35 アブダビ着 EY91便でアテネへ アテネ着(乗り継ぎ) OA556便でサントリーニへ サントリー二着 専用車ホテルへ送迎 サントリーニ泊

9/18

サントリーニ 終日フリー サントリーニ泊

9/19

サントリーニ ミコノス 12:00 14:35 高速艇(FLYINGCAT4)でミコノスへ ミコノス着~専用車でホテルへ送迎 ミコノス泊

9/20

ミコノス 終日フリー ミコノス泊

9/21

ミコノス アテネ 09:55 10:35 OA653便でアテネへ アテネ着 専用車でホテルへ アテネ泊

9/22

アテネ   アブダビ 14:25 20:00 21:30 アテネ発EY90   アブダビ発。EY888便 機内泊

9/23

名古屋   福岡 13:35 16:15 17:35 名古屋着 名古屋発 NH227 福岡着
  • 表示時間はすべて現地時間です。(日本とギリシャの時差 6時間/夏期)
  • NH:全日空、EY:エティファド航空、OA:オリンピック航空

5泊8日の旅程です。 アテネまでの航空券は自分でネットで手配しました。現地の交通とホテルは旅行代理店に手配してもらいました。 準備については、また別のポストでまとめる予定です。

福岡空港からサントリーニまで

  1. 福岡空港~中部国際空港(名古屋) 全日空
  2. 中部国際空港(名古屋)~アブダビ エティハド航空
  3. アブダビ~アテネ エティハド航空
  4. アテネ~サントリーニ オリンピック航空

てな具合で、4つの飛行機を乗り継ぎます。飛行機に乗っている時間が20時間40分。待ち時間が9時間45分。所要時間は30時間25分です。

福岡空港~中部国際空港

福岡空港

福岡空港 17:53 まずは、全日空の国内便で中部国際空港へ向かいます。 太平洋側に台風が北上してきていて、揺れがひどかったです。

中部国際空港(セントレア)

中部国際空港(セントレア)

19:35ごろ、中部国際空港に到着しました。 3階に行くと、エティハド航空のチェックインカウンターが見つかったので、そこでチェックインですが、普段飛行機に乗りなれていないので、このあたりで既に右往左往です。しかし、日本語が通じるので、大したことはありません。 団体がチェックインしてたので、ツアーのお客さんでしょう。 チェックインを済ませて両替をしようと思ったら、セントレア直営の両替所は営業時間が8時までで、閉まってしまいました。 出国審査後の制限エリアの両替書は開いているとのことで、そちらで両替しました。 出国審査とか税関とかも初めてで、おっかなびっくりです。

中部国際空港(セントレアからアブダビへ)

エティハド機内食(1回目)
メニュー
北京空港

20:55発エティハド航空の飛行機に乗ります。 まずは最初の機内食。日本時間で22:50ごろです。アラビア風鶏肉のタジン、トマトライス、野菜のシチュー、アルデンテ・ペンネパスタ、ブラックオリーブとかです。メニューも掲載したので、詳しくはそちらでどうぞ。 福岡空港で、軽く御飯食べたのですが、全部食べれました。 その他に、和食のメニューもありました。   途中で北京空港に着陸。給油と北京からのお客を乗せるためだそうです。 中部国際空港から北京空港の間は、空席がいっぱいありましたが、北京で満席になりました。 中部国際空港からアブダビまで、飛行機に乗っている時間は、およそ14時間です。 出発する前は、この14時間が苦痛だろうと心配していましたが、思ったより眠れたので案外苦になりませんでした。 途中で、夜食の機内サービスがあったらしんですけど、僕は眠っていて気がつきませんでした。 ただ、機内はとても寒かったです。上着はTシャツの上に綿のカーデガンを着て、毛布をかけて寝てたのですが、寒くてもう一枚毛布をもらいました。

二度目の機内食

機内食2回目 嫁の分
機内食2回目 自分の分
メニュー

2回目の機内食です。日本時間で朝の9時ごろ、現地時間では早朝4時ごろです。 僕のメインディッシュは、鶏肉の魚香ソース風味。嫁のメインディッシュは、アラビア風仔羊肉のコフタです。 機内食は、おいしかったです。

アブダビ空港到着

エティハド航空の機内

エティハド航空の機内です。

朝焼け
エティハド航空のエンブレム

14時間近くかかってようやくアブダビに近づいてきました。

アブダビ上空