昭和ロマン蔵(その5 リアルタイムで経験したもの)

IMGP1252
昭和ロマン蔵2階より

数回にわたってお届けいたしましました昭和ロマン蔵。

内部全体はこんな感じで、まだまだたくさんの懐かしいものが展示されています。

 

昭和30年代がテーマですが、昭和40年代、50年代、60年代のものもあります。

今回は、アラフォーがリアルタイムで経験したアイテムです。

RIMG0362例えば、これ。
任天堂のゲームウォッチ。
調べると発売は1980年とありますから、昭和50年代ですね。

RIMG0364 RIMG0368

ブリキ?アルミかな?
弁当箱です。

僕が保育園の頃、このブリキ製の弁当箱を使っていました。

柄は月光仮面でした。

左のキャンディ・キャンディのアニメ放映が1976年。昭和51年です。

これも、リアルで経験ですね。

アルミの弁当箱って、今でも普通に売ってるんですね。こちら。 柄のキャラクターがレトロなだけなんだ。

–追記–

大事なものを忘れてました。

これぞリアルタイムのなつかしキャラクター!!

およげたいやきくん
およげたいやきくん

まいにち、まいにち、ぼくらはてっぱんの♪

昭和ロマン蔵(その4 昭和のキャラクターのブリキのおもちゃ)

その3 ブリキのおもちゃの続きです。

黄金バット
黄金バット

RIMG0382
マグマ大使

エイトマン
エイトマン

RIMG0376
まぼろし探偵

ウルトラマン
ウルトラマン

ウルトラセブン
ウルトラセブン

デビルマン
デビルマン

黄金バット、マグマ大使、エイトマン、まぼろし探偵はリアルタイムでは知らないですね。

ウルトラマン、ウルトラセブンも再放送でみてたんじゃないでしょうか。

けど、ウルトラマンはその後、帰ってきたウルトラマン、ウルトラマンA、ウルトラマン太郎とシリーズが続いたこともあり、前シリーズも人気を保っていました。

再放送の回数も多かったです。夕方の5時とか。朝の6時半とか。

僕が小学校3年か4年のときに、ウルトラマンカードを収集するのがブームになりました。カードを購入して専用のアルバムに貼り付けていくというものです。

その頃は、朝6時半にわざわざ早起きして、帰ってきたウルトラマンの再放送を見てましたね。

早起き第一日目の再放送で見た怪獣はベムラーでした。

デビルマンはマジンガーZと永井豪の作品。

『週刊少年マガジン』にて1972年25号(6月11日号)から1973年27号(6月24日号)にかけて連載されたってことだから、リアルタイムです。

けど、3歳とか4歳とかで見ても、良くわかんないアニメだったような気がします。

僕らアラフォーが子供のころ、ウルトラマンのおもちゃはソフトビニール製が主流でした。(前回のブリキのおもちゃのマルサンが発売)

今回の写真ブリキのおもちゃは胴体はブリキですが顔はプラスチックです。ハイブリッドですね。

たしか、ゼンマイで歩行するもので、ソフトビニールの人形よりも高価だった気がします。