バリアングル液晶モニター使用時の困りどころ

昨日の日記「Canon PowerShot G11のバリアングル液晶モニターは面白い」で、バリアングルモニターの便利さを紹介しましたが、使用時に少し困った事があります。


PowerShot G11は少しボディが大きめなので、ストラップは上部両端の2点吊りです。

付属品のネックストラップを上部両端2点にかけて首から下げるスタイルです。

昔のカメラぽくて、買う前はそのスタイルがお気に入りで、レトロっぽく持ち歩こうと思っていました。

メーカー純正のケースを取り付けるとレトロさは倍増です。→

G11を購入後、すぐにネットで検索して純正のケースも購入しました。楽天ポイントがたまっていたので、Joshinの楽天市場店で購入しました。

しかし、バリアングルモニターが重宝な状況では

バリアングルを使うということは、普通の構えではないってことです。

手を上に伸ばしてハイアングルで撮影したり、カメラを低く構えてローアングルで撮影したり、自画撮りをする時も手を命一杯伸ばします。

バリアングルモニターが便利と思う時=手を伸ばして撮影する時 なのです。

手を伸ばそうとしたら、首にかけているストラップが邪魔 なのです。

レンズを下に向けたて撮影したり、自画撮りする時には、ストラップがレンズの前に被さったりして面倒です。

バリアングルモニターを開いた時も、そもそも

img56130031

から、ストラップが邪魔くさい。

邪魔くさいだけで撮影不可能ではありませんけど、ちょっとしたことでイライラすることありますよね。

純正の革ケースをつけてみたら

純正革ケースが届いたので取り付けてみると、レトロさ倍増で、とても素敵。

僕らが子供の頃のカメラのたたずまいです。検索したら写真がFlickrにありました。Flickrで写真を見るにはこちらをクリック。

だけど、ケースを付けるとグリップ感が悪くなってしまいました。

革のケースに入れたまま、首から提げてレトロに決めようって思っていたのに、大きし、持ちにくいし、首から提げて胸元でカメラが揺れるのって、思ったよりうっとしい・・・・G11ではなくてS95の方が良かったのではないか?という迷いが生じた時でしたね。

ちょうど「Canon PowerShot G11を購入」の日記を書いた頃の話です。

レトロさよりも機能性

そもそも、このカメラは画質も良くて機能も充実していて撮影するのが楽しいカメラです。

レトロさを楽しむ為に革ケースを使うよりも、機能性を重視することにしました。

特に、バリアングル液晶モニターは、迷ったS95にはない機能。

この機能を十分に活用することが、G11を購入したことを満足することになります。

ですので、機動的にG11を使う携帯スタイルを模索しました。

次回は、「機動性を高めるG11の携帯スタイルの模索」の予定です。




http://www.flickr.com/photos/leecheensiong/3838520688/

アトム誕生の日に何かが起こる時計

atom-clock

アクセス解析をチェックすると6月3日にアクセスが増えていました。

調べると以前書いた豊後高田の昭和ロマン蔵のページにアクセスが増えていました。キーワードは「2003年4月7日 アトム誕生日 何かが起こる」の組み合わせ。

そう言えば、この日のダウンタウンDXで大和田伸也が、アトムグッズの事を話していたんでした。

番組での大和田伸也の話では、「何かが起こると言うことで買ったが、何も起こらなかった」というのがオチだったんですが、観ていた人は何が起こるのかが気になったんでしょうね。

気になった事を調べるのに、Webで検索する人が如何に多いかって事を実感しました。

しかし、僕のページには何が起こるのか書いていなかったので、直帰率は高い。みんなページビューは1ページのみです。目的のないブログですから、偶然の訪問者のその後のアクションについては、期待もないわけですしね。

サイト訪問者に期待するアクションがあって、今回のような偶然の訪問者が、その期待するアクションをしてくれていたら、これは「おいしい」ってことになると思います。

こういう方法でのアクセスアップって、偶然であって、狙って出来る事ではないから、地道にブログの記事を書いていれば、偶然においしい出来事が起こる確率も増えるってことでしょう。

ちなみに、このアトムの時計は2003年4月7日に何が起こるのかというと、ベートーベンの交響曲「運命」が流れる中、上半身を起こして目を開けるとのことらしいですが、写真の時計はどうでしょう?上半身が起き上がると、外の透明ケースに当たりますよね。

しかし、豊 後高田の昭和ロマン蔵のページに洒落で載せたあの写真も、いろんな人に見られてしまったってことか.....

 

 

豊後高田昭和ロマン蔵(紙芝居と学校の机)

豊後高田昭和ロマン蔵シリーズも、たいがい長くなりましたね。

これで一つのカテゴリーになるくらいです。

そろそろこの辺で終わりにしたいところです。

最初に「東蔵 駄菓子屋の夢博物館」を見学して、その後「北蔵 昭和夢町三丁目館」に入りました。詳しくは公式サイトで

まずは、その移動の途中に出会ったものです。

紙芝居

RIMG0412

紙芝居です。懐かしい?
いえいえ、私達アラフォーは紙芝居はリアルタイムで経験していません。テレビ世代ですから。

ですので、新鮮。(紙芝居のおじさん、動きがはやい!)

この紙芝居のおじさん?(結構若く見えるんですけどね。僕と同姓代に見えますけど)お宝鑑定団に出て、紙芝居を鑑定してもらった事があるとか。

水木しげるの師匠が描いた紙芝居を鑑定してもらったとかで、たいそうなお宝だったとか。

ちょっと記憶があやふやなので、正しく知りたい方は豊後高田へぜひお出かけください。

RIMG0416

RIMG0415

「紙芝居屋さんは、紙芝居で子供を集めてお菓子売って商売してんだよ」って昔親から聞いていました。

これがそのお菓子。型抜きと水あめです。
型抜きはお祭の縁日で子供のころよくしていましたね。水あめは駄菓子屋で買っていました。

昭和の自動車

RIMG0424

他にも、数台展示してましたが、人物が一緒に写っているのでこれのみで。(いい具合にぼけてるからね)

1960年代、昭和でいうと30年代後期から40年代初期の自動車は好きです。自分でも乗りたいと思ったこともありますが、かなり気持ちが強くないと実現しませんね。状態のいい車は希少だし、メンテナンスも大変なので。

それで、15年ほど前の20代のころ、プラモデルを作っていました。

僕の服装もレトロで、まるで親父の写真みたいですわ。(というか意識してみた)

お次は「北蔵 昭和夢町三丁目館」の中ににあった学校のセット(?)

RIMG0434

RIMG0435

旧田川東高校では、この机とイスだったらしいです。

レトロな学校机とイスは人気があるらしいですね。

今回で豊後高田シリーズはおしまいにします。

結局、この昭和ロマン蔵に3時間以上いたんじゃないかなぁ?

最初の予定の寺巡りはおろか、豊後高田の昭和の町を散策することすらできませんでした。

このあたりは帰り道に温泉もあるので、丸一日かけて楽しめる場所ですね。

豊後高田昭和ロマン蔵(家電製品) 

昭和のレトロな電化製品ってのも、とても心を惹かれます。

高度経済成長によって、だんだん物質的に豊かになっていく日本。

そんな雰囲気を感じます。

RIMG0410

まずは、「東蔵 駄菓子屋の夢博物館」の入り口付近にあった洗濯機

ちらっと見える青色ののぼりに「ナショナル洗濯機」とかいてあります。右上のローラーを手で回して、洗濯物をしぼるタイプです。

RIMG0409

こちらも「東蔵 駄菓子屋の夢博物館」の入り口付近」にあった照明です。

レトロなランプシェードがたまらないですね。この辺は、探せばまだあるかなぁ?

RIMG0452RIMG0427

ラジオとレコードプレーヤーです。「北蔵 昭和夢町三丁目館」に展示されていました。

RIMG0360RIMG0359

カメラです。この二つは「東蔵 駄菓子屋の夢博物館」に展示されてたものです。

RIMG0441RIMG0440

この2つは「北蔵 昭和夢町三丁目館」に展示されてたものです。ミノルタ製とリコー製です。

今自分はリコーのデジタルカメラを使ってるので、なんか愛着がわきます。

ちなみに、僕はカメラのコレクターでもマニアでもありません。

けど、スパイ用の盗撮カメラとか、わくわくしますね。

スパイの時代背景って米ソ冷戦ですよね。

以前、東京は麹町の「日本カメラ博物館」ってのに行ったんですけど、そこもテンションあがりました。

映画「ローマの休日」で使用されたライター型カメラは、1951年に鈴木光学が発売した「エコー・ライターカメラ」(通称:エコー8)という日本製のカメラらしいのですが、「日本カメラ博物館」には、そのカメラが展示してありました。

「ローマの休日」で日本製のカメラが使用されたことによって、日本のカメラの存在が世界から注目されるようになったとか。

敗戦後の日本の復興、加工貿易、製造業、といったキーワードが、昭和のカメラへのあこがれの背景にあるのかもしれません。

最近のデジカメも、このころのデザインに影響を受けているのか、レトロなデザインのものが目立ちます。

例えば、こちら。


OLYMPUSPEN E-P1 レンズキットシルバー

Olympus Penの初代機は1959年に発売されたものですから、昭和にすると34年。

こちらのオリンパスの歩み:ペンシリーズで過去のPENシリーズを詳しく見れます。

まさに、昭和レトロの雰囲気をもった新製品ですね。

昭和ロマン蔵(その5 リアルタイムで経験したもの)

IMGP1252
昭和ロマン蔵2階より

数回にわたってお届けいたしましました昭和ロマン蔵。

内部全体はこんな感じで、まだまだたくさんの懐かしいものが展示されています。

 

昭和30年代がテーマですが、昭和40年代、50年代、60年代のものもあります。

今回は、アラフォーがリアルタイムで経験したアイテムです。

RIMG0362例えば、これ。
任天堂のゲームウォッチ。
調べると発売は1980年とありますから、昭和50年代ですね。

RIMG0364 RIMG0368

ブリキ?アルミかな?
弁当箱です。

僕が保育園の頃、このブリキ製の弁当箱を使っていました。

柄は月光仮面でした。

左のキャンディ・キャンディのアニメ放映が1976年。昭和51年です。

これも、リアルで経験ですね。

アルミの弁当箱って、今でも普通に売ってるんですね。こちら。 柄のキャラクターがレトロなだけなんだ。

–追記–

大事なものを忘れてました。

これぞリアルタイムのなつかしキャラクター!!

およげたいやきくん
およげたいやきくん

まいにち、まいにち、ぼくらはてっぱんの♪

昭和ロマン蔵(その4 昭和のキャラクターのブリキのおもちゃ)

その3 ブリキのおもちゃの続きです。

黄金バット
黄金バット

RIMG0382
マグマ大使

エイトマン
エイトマン

RIMG0376
まぼろし探偵

ウルトラマン
ウルトラマン

ウルトラセブン
ウルトラセブン

デビルマン
デビルマン

黄金バット、マグマ大使、エイトマン、まぼろし探偵はリアルタイムでは知らないですね。

ウルトラマン、ウルトラセブンも再放送でみてたんじゃないでしょうか。

けど、ウルトラマンはその後、帰ってきたウルトラマン、ウルトラマンA、ウルトラマン太郎とシリーズが続いたこともあり、前シリーズも人気を保っていました。

再放送の回数も多かったです。夕方の5時とか。朝の6時半とか。

僕が小学校3年か4年のときに、ウルトラマンカードを収集するのがブームになりました。カードを購入して専用のアルバムに貼り付けていくというものです。

その頃は、朝6時半にわざわざ早起きして、帰ってきたウルトラマンの再放送を見てましたね。

早起き第一日目の再放送で見た怪獣はベムラーでした。

デビルマンはマジンガーZと永井豪の作品。

『週刊少年マガジン』にて1972年25号(6月11日号)から1973年27号(6月24日号)にかけて連載されたってことだから、リアルタイムです。

けど、3歳とか4歳とかで見ても、良くわかんないアニメだったような気がします。

僕らアラフォーが子供のころ、ウルトラマンのおもちゃはソフトビニール製が主流でした。(前回のブリキのおもちゃのマルサンが発売)

今回の写真ブリキのおもちゃは胴体はブリキですが顔はプラスチックです。ハイブリッドですね。

たしか、ゼンマイで歩行するもので、ソフトビニールの人形よりも高価だった気がします。

昭和ロマン蔵(その3 ブリキのおもちゃ)

前回のアトム特集からの続きです。

今回はブリキのおもちゃを中心に写真をアップします。(今回は、写真は小さめで)

昭和のレトロアイテムと言えばブリキのおもちゃ。

ブリキのキャデラック
ブリキのキャデラック

ブリキのキャデラック
ブリキのキャデラック

ブリキのおもちゃ スバル360
スバル360

ブリキのべスパ
ブリキのべスパ

上記2つのキャデラックは、箱を見ると「マルサン」製とわかります。

後にウルトラマンの塩ビの人形を作るようになったメーカーですね。

では、次は昭和のキャラクターもののブリキのおもちゃです。