最短撮影距離を考えてみる

前回と前々会の記事「デジタルカメラのマクロモードとは?」と「Canon PowerShot G11のテレ端マクロ(Richoのカメラと比べてみる)」は、CanonのPowerShot G11とRichoのカメラの比較になっています。

実際、RichoのCX4は魅力的で、PowerShot G11を購入した後も、まだ未練があります。

CX4とG11の選択で迷ったのは、CX4のマクロ撮影機能の評判

Richoのカメラのマクロ撮影は評判がいいです。

始めて使ったデジカメがRichoのCaplio R4でした。あのマクロ撮影に慣れていたので、G11のマクロ撮影はRichoより劣ると感じていました。

その一つが、被写体が遠くにある時にG11では、マクロ撮影モードでは被写体にピントが合わない点でした。しかし、それは前回と前々回の記事の記事を読んでいただければわかるように、それはただ単に、マクロ撮影モードに対する自分の理解不足であっただけで、決してG11の方が劣るわけではありません。

マクロ撮影で重要なのは最短撮影距離

再度、G11とCX4の撮影範囲を比べて見ましょう。

G11は

通常撮影 : 50cm – ∞
マクロ : 1 – 50cm (W)、30 – 50cm (T)
マニュアルフォーカス : 1cm – ∞ (W)、30cm – ∞ (T)

CX4は

通常撮影:約30cm?∞(広角)、約1.5m?∞(望遠)(レンズ先端から)

マクロ撮影:約1cm?∞(広角)、約28cm?∞(望遠)、約1cm?∞(ズームマクロ)(レンズ先端から)

広角側では、どちらのカメラも撮影範囲は1cmから無限遠であるということなので、差はありません。

望遠側では、CX4は28cmまで寄れるけれど、G11では30cmまでしか寄れないので2cmの差があります。

わずか、2cmならば大した差ではないじゃないか

わずか2cmしか差がないのだから、大した違いでは無い。そう思いました。

しかし、良く考えると、CX4のズームは10.7倍光学ズームです。

被写体が大きく撮影(クローズアップ)できるかという点ではどうなのか?

35mm換算での焦点距離を比較してみます。

G11は

28 (W) – 140 (T) mm

CX4は

28(W)?300(T)mm

望遠側の値が2倍以上違います。焦点距離が長くなると、画角が小さくなります。つまり、狭い範囲しか撮影できない。

同じ面積のフィルムに写すのならば、撮影する範囲が狭いほうが大きく映ることになります。

ですから、レンズ先端から距離が同じ30cmで撮影したとしても、最大に望遠にした場合、写真(撮像素子)に写る被写体の大きさは違うってことだと思うのです。

先日、指輪などの小さなものを撮影したのですが、もっと画面いっぱいになるように大きく撮影しようと、ズームは望遠側で被写体に近づくのですが、撮影最短距離を超えてピントが合わないという場面が多々ありました。

大きく撮影したいなら?

ただ単に大きく撮影したいなら、W側(広角側)で1cmまで、近づけるだけ近づいて撮影すればいいじゃないか?

その点では、G11もCX4も、W側(広角側)で1cmまで近づいてもピントが合うし、広角側での画角も同じなので差はないです。(もっとも大きく写せるのが、ワイド端とはかぎらないですが)

G11の場合、W側(28mm)からT側(140mm)へズームしていくと、焦点距離が大きくなれば最短撮影距離も大きくなります。

ですから、近づくことができる被写体であるなら、G11は望遠側での最短撮影距離で撮影するよりも、W側(広角側)で1cmまで近寄るほうが大きな写真(クローズアップした写真)が撮影できます。

望遠ズームで撮影する目的とは

遠くにあって近づくことができない被写体を大きく写す

普通はこれです。この点では、300mmまでズームできるRicho CX4のほうが優れています。

もうひとつの選択肢であったFUJIFILM FinePix F300EXRは24mm?360mmの光学15倍ズームですから、さらに有利。(今気付いたけど、ワイド側は24mmですね)

望遠ズームで撮影する目的はそれだけではない

望遠ズームで撮影する目的は、遠くにある被写体を大きく写すことだけではありません。

望遠側にズームする=焦点距離が長くなる。

  • 焦点距離が長くなれば、画角が小さくなる。
  • 焦点距離が長くなれば、被写界深度が浅くなる。

このような性質があるので、近くにあるものでも望遠ズームで撮影することがあります。
(どのような効果を狙って?というのは、また今度)

望遠ズームでマクロ撮影をする人は、望遠側での最短撮影距離というのも重要だということが、G11を使ってわかってきました。

先ほどのFUJIFILM FinePix F300EXRは24mm?360mmの光学15倍ズームですが、仕様の撮影可能範囲をみると、「う?ん?」と、また悩んでしまいます。

画面いっぱいにしたいならトリミングすればよい

そのような理由で望遠側でマクロ撮影をすることがあるのですが、指輪のように小さな被写体の場合、G11では望遠側マクロでは画面いっぱいに拡大した写真を撮影することはできません。

しかし、Webで使用する目的ならば、大きめの画素数で撮影し後からトリミングをすれば十分に拡大した写真になります。

厳密に言えば、画角が異なるので多少の違いはありますが、トリミングして被写体を画面いっぱいにしたならば背景もほとんど写っていないので、その違いは微々たるもの。相当のこだわりのある人しか、その違いに気づかないですよ。

カメラの個性

35mm換算の焦点距離と最短撮影距離の数字だけを比較すると、RichoのCX4よりG11のほうが劣っていることになりますが、いろいろと調べていると、この二つのスペックとは引き換えに他の部分を犠牲にしている(トレードオフしている)ということがわかってきました。

トレードオフなしに、すべてのスペックを高くしようとすると、コストがかかり製品の価格が上昇します。

しかし、物理的に同時に実現しえないこともあるようで、ある目的(例えばボケ味とか)をかなえるために、その方法がカメラによって違うところが、そのカメラの個性であり面白いところだなと思いました。

カメラに個性があるから、いろいろ欲しくなるでしょうけどね。

デジタルカメラのマクロモードとは?

前回の記事「Canon PowerShot G11のテレ端マクロ(Richoのカメラと比べてみる)」からの続きです。

そもそも、デジタルカメラに搭載されているマクロモードとはどのような原理、または仕組みなのでしょうか

参考になるのは以下の2つです。

マクロモードの原理 – デジタルカメラ – 教えて!gooの良回答に選ばれている回答

コンパクトデジカメのマクロモードについて – 質問・相談ならMSN相談箱のベストアンサーに選ばれている回答

  1. まず、コンパクトデジカメのピントの検出は、コントラスト検出方式という方法を使っている。
  2. コントラスト検出方式は、一眼レフの位相差検出方式とは違い、どちら側にどれだけピントがずれているかとう判断ができない。
  3. だから、とりあえずレンズを前後に駆動して、ボケが大きくなったら反対側に駆動して、ピントが合う場所を探す。

という仕組みで自動でフォーカスを合わせていることだそうです。

コンデジのオートフォーカスでピントを合わせる時って、レンズが行ったり来たりして、ピントが合うのがわかると思います。
モニターを見てたら、最初ボケてて、レンズが動いてピントが合って、動きすぎてまたボケて、また戻って合焦てな具合です。 だから、コンパクトカメラはオートフォーカスでピントが合うのが遅いですよね。
FUJIFILM FinePix F300EXRは、コンデジだけど位相差検出方式を採用しているのでピントが合うのが速い。詳しくは、こちらの デジカメ購入計画 を参考に)

コンデジのオートフォーカスの原理であるコントラスト検出方式は、とりあえず撮影可能範囲である距離を行ったり来たりして、ぴったりとピントが合う位置を探しているということなんです。

では、マクロモードとは何のか?

マクロモードとは、このレンズが行ったり来たりする範囲を区切る為にあるということだそうです。

G11の撮影距離のスペックは

通常撮影 : 50cm – ∞
マクロ : 1 – 50cm (W)、30 – 50cm (T)

通常撮影の設定の時は、「今僕は、50cm以上離れたところにある被写体を撮影しようとしているから、カメラさん50cmから無限遠の範囲でピントが合う位置を探してくださいね」って、撮影者がカメラに支持を出しているようなものです。

マクロの時は、「今僕は、1cmから50cmの距離にある被写体を撮影しようとしているから、その範囲でピントが合う位置を探してくださいね」って撮影者がカメラに支持を出しているようなものだということです。

カメラがオートフォーカス機能でピントの合う位置を探す範囲を区切ってやるのが、マクロモードというわけです。
ジャストフォーカスの場所を探す範囲を区切って狭くすることで、オートフォーカスの速度を速くする、それがマクロボタンでマクロ撮影モードに切り替える目的ということだそうです。

パソコンでいうところの、ハードディスクの中にあるファイルの検索をする時に、ハードディスク全体を検索して探すよりも、どの場所にあるか目星が付いている時は、その場所を指定して検索した方が速いってことと同じです。

PowerShot G11では、マクロモードの時にマニュアルフォーカスに切り替えると、チューリップのマークが消えてしまいます。つまり、マクロモードではなくななるのですが、そもそもマクロモードとは何なのかを理解すると、合点がいきます。ガッテン、ガッテン

ということは、マクロモードにするからボケ味が出せるわけではない

ということになります。

ボケ味がでるのは、「被写体までの距離を近づける」からであって、マクロモードにするからではないということになります。

G11で望遠側でマクロモードにして、50cm以上離れた被写体にピントが合わない場合は、通常モードに切り替えて撮影すればいいと言うことです。

今の所、望遠で離れた被写体に対して、マクロモードではピントが合わないということで、G11がRichoのカメラより劣るということはないということです。

これが正しいかどうかは、リコーのCX4を買って、遠くの被写体に望遠で寄ってマクロモードと通常モードで撮影して結果を比較すればわかります。

知り合いにCX3をもっている人がいるから、検証してみようかな。

しかし、望遠側での最短撮影距離を比べると、

G11は30cm、CX4は約28cm。(ともに、レンズ先端から)

2cm劣ります。(ちなみに、Caplio R4は約0.14mと書いているから、14cmだった!!)

わずか、2cmだから大した違いじゃないじゃない?って思うかもしれないですが、いやいや。。そうわけではなさそうです。

その辺は、次回へ続くということで。。

Canon PowerShot G11のテレ端マクロ(Ricohのカメラと比べてみる)

Richo Caplio R4で撮影
Richo Caplio R4で撮影(宇佐神宮にて)

今回の記事は、カメラについて自分の初心者ぶりをさらす内容です。

上の写真は、去年(2009年)の11月に宇佐神宮で撮影したものです。ちょうどその頃、デジタルカメラの撮影法を勉強し始めた頃で、「背景をぼかす撮影の仕方」なんてのを覚えたばかりの頃です。

ボケ味を引き出すにはテレ端マクロ

テレ端マクロは、テレマクロ、望遠マクロ、ズームマクロなどいろんな言葉がありますが、僕は「デジカメの撮影モードをマクロモードにして、望遠で撮影すること」と思っています。(調べているうちに言葉の意味もだいぶんわかってきたのですが、ズーム=望遠ではないようです)

背景をぼかすには、

  1. ズームを望遠側(テレ側)にする。
  2. 絞りを開ける
  3. 被写体までの距離を近づける

この3つがポイントです。

1と3を同時にするのが、テレ端マクロってことになります。

2の「絞りを開ける」ですが、絞りをコントロールするには「絞り優先モード」もしくは「絞り優先AE」(AEは自動露出の略)の機能が必要です。今回、RichoのCX4ではなく、G11を選んだのは絞り優先AEがあったから。この件については、また別の記事で語ります。

上の写真は、RichoのCaplio R4で撮影しました。Caplio R4には絞り優先モードがありませんでしたから、ズームを望遠にして、マクロモードにして撮影したものです。

G11で望遠にしてマクロモードで撮影しようとすると...

G11で望遠にして、マクロモードで撮影しようとすると、ピントが合いません。

オートフォーカスでピントが合わないので、マニュアルフォーカスにすると、マクロモードではなくなります。

苦労して撮影したのがこれ↓

 

G11で撮影(松江城にて)
G11で撮影(松江城にて)

 

いい具合にボケ味が出ていますが、ピントを合わせたかった中央のもみじの葉っぱにピントが合っていません。

どうして、マクロモードではピントが合わないのか?

RichoのCaplio R4だと、マクロモードのまま、上の写真のようにオートフォーカスでピントが合ってくれていました。
けど、G11ではマクロモードのままではピントは合ってくれません。

「もしかして、カメラ個体の故障?」なんて思って、メーカーのサポートに問い合わせしようか?なんて、今日の午前中くらいまで思っていました。

問い合わせる前に、調べて確認するのが私の性分.....なのかな?

PowerShot G11のスペックを確認しました。確認したのは「撮影距離」です。

G11のマクロモード時、テレ端での撮影距離は30cm~50cmとありました。つまり、50cmよりも遠い被写体の場合、マクロモード時ではピントが合わないってことです。

RichoのCaplio R4はマクロ撮影距離は、テレマクロ撮影時で、約14cm~∞と書いてあります。

R4なんて古い機種と比べても面白く無いので、選択を迷ったRichoのCX4はどうなっているかというと、

約28cm~∞(望遠)、約1cm~∞(ズームマクロ)(レンズ先端から)となっています。

本来は、マクロについては最短側が重要なのですが、今回は最長側に注目してください。

マクロ撮影時の撮影距離は、Richoのカメラは最長側に制限がありません。しかし、CanonのG11では最長側が50cmと制限があります。

上の二つの写真は、どちらも被写体はレンズ先端よりも50cmは優に離れています。50cmどころか3,4mは離れていたはずです。

だから、CanonのPowerShot G11では、マクロモードではピントが合わないはずです。

やはりG11ではなくてCX4だったか

マクロの最短側を比べると、G11のほうが劣る。ズームマクロって機能は、この記事を書いている途中で気づいたので詳しい事はわからないが、望遠側で1cmまで撮影可能ってことか?それは、ないだろう・・・

マクロ撮影の遠い側で、Cx4は制限がないのに、G11は50cmって制限がある。なので、今まで使っていた撮影方法が使えない。

と思ったのですが、そもそもコンパクトデジカメのマクロモードって何?という疑問がわいてきました。というのも、G11を選択して間違いでなかったと信じたいが為ですけど。

望遠にしてマクロモードで撮影するのと、望遠側にして通常モードで撮影するのには、なにか違いがあるのか?

それには、そもそもマクロモードってのは、どういう仕組みなのか?

長くなったので、今回はここまで、次回に続くことにします。