Canon PowerShot G11のテレ端マクロ(Ricohのカメラと比べてみる)

Richo Caplio R4で撮影
Richo Caplio R4で撮影(宇佐神宮にて)

今回の記事は、カメラについて自分の初心者ぶりをさらす内容です。

上の写真は、去年(2009年)の11月に宇佐神宮で撮影したものです。ちょうどその頃、デジタルカメラの撮影法を勉強し始めた頃で、「背景をぼかす撮影の仕方」なんてのを覚えたばかりの頃です。

ボケ味を引き出すにはテレ端マクロ

テレ端マクロは、テレマクロ、望遠マクロ、ズームマクロなどいろんな言葉がありますが、僕は「デジカメの撮影モードをマクロモードにして、望遠で撮影すること」と思っています。(調べているうちに言葉の意味もだいぶんわかってきたのですが、ズーム=望遠ではないようです)

背景をぼかすには、

  1. ズームを望遠側(テレ側)にする。
  2. 絞りを開ける
  3. 被写体までの距離を近づける

この3つがポイントです。

1と3を同時にするのが、テレ端マクロってことになります。

2の「絞りを開ける」ですが、絞りをコントロールするには「絞り優先モード」もしくは「絞り優先AE」(AEは自動露出の略)の機能が必要です。今回、RichoのCX4ではなく、G11を選んだのは絞り優先AEがあったから。この件については、また別の記事で語ります。

上の写真は、RichoのCaplio R4で撮影しました。Caplio R4には絞り優先モードがありませんでしたから、ズームを望遠にして、マクロモードにして撮影したものです。

G11で望遠にしてマクロモードで撮影しようとすると...

G11で望遠にして、マクロモードで撮影しようとすると、ピントが合いません。

オートフォーカスでピントが合わないので、マニュアルフォーカスにすると、マクロモードではなくなります。

苦労して撮影したのがこれ↓

 

G11で撮影(松江城にて)
G11で撮影(松江城にて)

 

いい具合にボケ味が出ていますが、ピントを合わせたかった中央のもみじの葉っぱにピントが合っていません。

どうして、マクロモードではピントが合わないのか?

RichoのCaplio R4だと、マクロモードのまま、上の写真のようにオートフォーカスでピントが合ってくれていました。
けど、G11ではマクロモードのままではピントは合ってくれません。

「もしかして、カメラ個体の故障?」なんて思って、メーカーのサポートに問い合わせしようか?なんて、今日の午前中くらいまで思っていました。

問い合わせる前に、調べて確認するのが私の性分.....なのかな?

PowerShot G11のスペックを確認しました。確認したのは「撮影距離」です。

G11のマクロモード時、テレ端での撮影距離は30cm~50cmとありました。つまり、50cmよりも遠い被写体の場合、マクロモード時ではピントが合わないってことです。

RichoのCaplio R4はマクロ撮影距離は、テレマクロ撮影時で、約14cm~∞と書いてあります。

R4なんて古い機種と比べても面白く無いので、選択を迷ったRichoのCX4はどうなっているかというと、

約28cm~∞(望遠)、約1cm~∞(ズームマクロ)(レンズ先端から)となっています。

本来は、マクロについては最短側が重要なのですが、今回は最長側に注目してください。

マクロ撮影時の撮影距離は、Richoのカメラは最長側に制限がありません。しかし、CanonのG11では最長側が50cmと制限があります。

上の二つの写真は、どちらも被写体はレンズ先端よりも50cmは優に離れています。50cmどころか3,4mは離れていたはずです。

だから、CanonのPowerShot G11では、マクロモードではピントが合わないはずです。

やはりG11ではなくてCX4だったか

マクロの最短側を比べると、G11のほうが劣る。ズームマクロって機能は、この記事を書いている途中で気づいたので詳しい事はわからないが、望遠側で1cmまで撮影可能ってことか?それは、ないだろう・・・

マクロ撮影の遠い側で、Cx4は制限がないのに、G11は50cmって制限がある。なので、今まで使っていた撮影方法が使えない。

と思ったのですが、そもそもコンパクトデジカメのマクロモードって何?という疑問がわいてきました。というのも、G11を選択して間違いでなかったと信じたいが為ですけど。

望遠にしてマクロモードで撮影するのと、望遠側にして通常モードで撮影するのには、なにか違いがあるのか?

それには、そもそもマクロモードってのは、どういう仕組みなのか?

長くなったので、今回はここまで、次回に続くことにします。

PowerShot G12 安くなってます。

僕が買ったデジカメはCanon PowerShot G11。その後継機種のG12は2010年10月7日発売でした。

G11を購入したのは9月12日で、既にG12発売が決まっていた時期。店頭では、G11の在庫がない状態でした。

後継機種の発売の発表があった時期でしたので、G11はいわゆる「型落ち」で、値が下がっており、カメラのキタムラで38,800円?下取り値引き1,000円=37,800円で購入しました。

G12の発売を、もう半月待ったとして、発売当初のG12の価格は5万円強でした。

すぐにカメラが欲しいのと、予算オーバーってことでG11を購入しましたが、現在(2010年10月23日2:00)価格ドットコムでの最安値は、43,642円!!

発売されてから、1ヵ月も経っていないのに1万円も価格が下がっています。

そんなもんなですかねぇ...

G11とG12を比較した場合、何が魅力的か?

  1. 水準器がついた
  2. 右手、シャッター下にダイヤル追加
  3. ISO感度の上限設定
  4. 手振れ補正機能の強化
  5. HDR追加(ハイダイナミックレンジ合成)

僕的には、この5点。

1.水準器の搭載

水準器は必要です。G11には付いていないので、今はゴリラポッドのクイックシューに付いている水準器を使っていますが、ゴリラポッドのクイックシューをG11につけると、微妙にカメラが持ちにくくなるので、アクセサリーシューにつける水準器を買う予定です。

G12であれば、それを買う必要がない。アクセサリーシューに水準器を取り付けると、その分無駄な出っ張りになりますしね。

2.右手シャッター下にダイヤル追加

一番器用に動く指は、右利きの人なら、右手の人指し指のはず。

右手シャッター下にダイヤルがあるのは操作性がよくなることに間違いない。

3.ISO感度の上限設定

意外と重要。

手振れ補正機能が優れているので、少々ISOが低くて、シャッター速度が遅くなっていも、きれいに撮影できるから、ISOを400くらいで抑えておいても大丈夫なのだが、AutoやプログラムAEで撮影する時、ISOが1600とか、それ以上になっている事がある。

ISO感度の上限を設定できるのは便利。

けど、AutoでもISO上限を設定できるかは、未確認。

4.手振れ補正機能の強化

どれほど、強化されたかはわからない。

G11でも、以前使っていたカメラに比べたら、かなり手振れ補正機能は良い。

手振れ補正機能が良いと、シャッター速度が遅くてもブレずに撮影できる。

もちろん、被写体が動いていたら駄目だけど。

5.HDR追加(ハイダイナミックレンジ合成)

HDRとは、露出を変えた複数の写真を撮影し、それらを合成することで白飛びや黒つぶれの少ない幅広いダイナミックレンジを持つ画像を生成する技術。

個人的には、微妙。合成という言葉があまりすきではないから。
白とび、黒つぶれも表現の一つと思っているから。

けど、無いより有るほうが便利。

今現在のG11の最安値は?

では、G11の今現在(2010年10月23日2:00)の価格ドットコムでの最安値はいくらなのか気になります。

38,169円

およそ、5,000円ほどの差。

5,000円の差ならば、G12だと思うんだが。

しかし、意外と安くなっていないもんですね。

そんな、もんですかねぇ。



ゴリラポッドで自撮りしよう

ゴリラポッドこのカメラ三脚買いました。

ゴリラポッドSLRが水準器付にリニューアル。JOBYゴリラポッド(gorillapod)SLR WL【送料無料】

 

車の運転中にラジオで耳にして、帰宅後ネットで調べて見つけました。

僕が買ったのは、一眼レフ向けのゴリラポッド。水準器付きです。

ゴリラポッドを使って撮影した写真は、記事の最後に掲載しています。

他にも種類はいろいろあります

こちらは、コンパクトデジカメ用。

サイズ:150x30x30mm
重量:45g
耐荷重:325g

僕が買った一眼レフ向けのSLR WL【送料無料】

サイズ:250×50×50mm
重量:165g
耐荷重:800g

長さが10センチ違います。

残念ながら、今のカバンにはぎちぎちです。コンパクトカメラ用は10センチ短いのですから、余裕でカバンに入るでしょうし、携帯性抜群でしょう。

ゴリラポッドの全シリーズについては、株式会社ケンコーのサイトで。iPhone用もあります。

ならば、どうして一眼レフ向けを買ったのか?

Canon PowerShot G11の重さが335gなんです。バッテリーが47g 合計で382gになるんです。

ということは、コンパクトデジカメ用の耐荷重を超えている。およそ、60gくらいだからなんとかなるんじゃないかと思うんですけど、大事をとって一眼レフ用SLR WLの方を購入しました。

それで、大き目のゴリラポッドのほうが、巻きつける足が長いので安定すると思います。

クイックシューが付いているのが便利。しかも、水準器付き。

クイックシューってのはこれ(写真は、水準器が付いていないタイプです)

ゴリラポッドのクイックシュー

ネジが付いているほうを、カメラの三脚穴にに取り付けておけば、三脚への取り付け取り外しが簡単にできるようになります。クイックシューとカメラは、クイックシューの裏からコインで締め付けるようになっています。

しかも、 SLR WLはこのクイックシューに水準器が付いている。

僕は、水準器も欲しかったので、ゴリラポッドSLR WLを買えば一石二鳥です。

PowerShotG11にクイックシューを取り付けてみました。

PowerShotG11にクイックシューを取り付けた図

ちょっと、でかい。

一眼レフならば、ちょうどいいのでしょうか?

ゴリラポッドのSLR WLは一眼レフ用なので、G11にクイックシューを取り付けると前後に少しはみ出てしまします。

クイックシューの横幅も広く、左手の親指でカメラを握る場所にクイックシューがあるので、微妙にカメラが持ちにくくなる。

左手を、カメラをつまむように持てば、クイックシューは気にならないのですけどね。

ということで、常にカメラにクイックシューを取り付けて置くのは止めました。

けど、そうすると三脚にカメラを取り付けるのに、まずクイックシューとカメラを取りつけ、

そして、クイックシューを三脚本体に取り付ける。

ってことになります。まったくもって、クイックではありません。

三脚にクイックシューを取り付けたまま、カメラの三脚穴にネジを入れて、締めようとすると、クイックシューのネジがくるくる回って締まりません。

なので、ネジをセロテープで固定して、回らないようにし、カメラは普通の三脚のようにクルクルまわして取り付けることにしました。

こんな感じ。

G11が、普通のコンパクトカメラより大きく、一眼レフカメラより小さいってのが、仇となりました。

ただ、このクイックシューが気になるか気にならないかは個人差だと思います。

たぶん、コンデジ用ならクイックシューはもっと小さいはず。

コンデジ用のクイックシューなら、きっと小さくて気にならないのでは?と思ったりします。こちらの類似品なら、わずか398円なんで試しに買ってみようかなぁ?なんて思ってみたり。(僕は、本家本元を買う性分ですけど

本家ゴリラポッドには自由雲台付きもある。

自由雲台ならば、カメラを縦向きセットすることもできます。

ゴリラポッドSLR-ZOOM+自由雲台 GP3-BH !ゴリラポッドSLR-ZOOMの自由雲台セットモデル

こちらは、ズームレンズをつけた一眼レフ用のゴリラポットと自由雲台とのセット。

ズームレンズ用なので、さらに大きさが大きいようです。

サイズ:305×60×45mm
耐荷重は、なんと3kg

「ゴリラポッドSLR-ZOOM+自由雲台」に搭載の自由雲台。JOBY ゴリラポッド自由雲台 BH1自由雲台のみも売っていて、これはSLR WLに取り付けられるのかなぁ?

「ゴリラポッドSLR-ZOOM+自由雲台」に搭載の自由雲台。JOBY ゴリラポッド自由雲台 BH1

価格:2,688円(税込、送料別)

仮に取り付けらるとしたら、既存のクイックシューの上に自由雲台を取り付けるようになりそうなので、そうすると水準器2つになっちゃいます。

勧められるものではないですね。

SLR WLでは縦向きにカメラをセットできないか?

やってみました。

I

できないことは、なさそうです。

では、ゴリラポッドでカメラをセットして、タイマーで撮影した写真

 

 

旧大社駅にて(G11をゴリラポッドにセットして撮影)
旧大社駅にて(G11をゴリラポッドにセットして撮影)
三脚があれば、自分でアングルを決めて、フレーミングができるので、
非常に楽しいですよ!!

 

iPhone4を購入して10日間の感想

「携帯を落として修理が必要になったので、iPhoneに機種変更しました」とTwitterでつぶやいたのが10月3日。

iPhoneを手にして、10日間が過ぎました。

すこし、感想をかいてみようかなぁと思います。

最初の3日間ぐらいは「失敗した」と思いました。

Twitterをやり始めて、「TwitterするならiPhoneでしょ」みたいなノリで、いきおいでiPhoneに機種変更したってのが正直なところです。

けど、手にした1日目は、あまりの操作のし辛さに「失敗した」と思いました。失敗したと思った理由をいくつか列挙します。

文字入力がし難い

普通の携帯電話よりも横幅があるので、片手で持って親指だけで文字を入力するのが難しいです。

特に、フルキーボードは片手で操作は出来ないです。

また、フルキーボードでは、タップ(パソコンでいうところのクリックです)する場所小さくて誤入力が頻繁です。

誤って電話をかけてしまう

電話の履歴の一覧をタップすると電話が発信してしまう。(間違って電話しちゃった人ごめんなさい)

特に、電話の履歴には名前の後ろに(2)とか表示されているので、タップすると何か情報が表示されるのかと思ってタップしたら、電話がかかってしました。

画面をスクロールのつもりなのに、タップしてしまう。

誤って電話を掛けると同じだけど、電話の履歴をスクロールするつもりが、タップになってしまうことがあります。

特にWebサイトを見る時は、画面に表示されるページを指でスクロールするのですが、誤ってリンクをタップしてしまったりとかありました。

結局は、タッチパネルの使い方に慣れていないってことなんですけど。

やはりiPhoneは携帯電話ではない

手にして、少し操作してみて思ったことは「やはりiPhoneは携帯電話ではない」ということです。

電話も出来る超小型のパソコンと思ったほうがいいでしょう。

初代iPhoneが発売された時も、「電話をかける行為はやりづらくなった」という評価を耳にした覚えがありますが、手にしてみて、その通りだと思いました。

そういえば、iPhoneを使っている人ってiPhoneとは別に携帯電話を持っている人って多いと思います。携帯2台持ちの人です。

僕は、携帯電話を2台持つ経済力はないですから、iPhoneで電話をかけなければなりません。

10日使った現在の感想は

10日間使った感想ですが、上記の使いにくさはiPhoneに慣れることで解消できます。

文字入力は、日本語入力は「日本語テンキー」を使うほうがやりやすいです。「フリック」という入力方法にマスターすれば、携帯電話のテンキーでの入力よりも早く文字打ちできるようになりそうです。

電話の操作は、まだ慣れていないですね。

他の操作に比べて「相手」が必要な操作なので、試してみることも出来ませんし。

試してみてたら、間違って発信してしまったり。(ワン切り着信ついちゃった方いたら、ごめんなさい)

以前から、携帯電話を使う頻度が低かったから、あまり使う機会がないのも、なかなか慣れない原因かもしれません。

Webで検索すると、使い方の解説サイトがいろいろと在るので、それで便利な使い方を研究すると、もっと使いこなせると思います。

つまり、操作方法を勉強し、iPhoneの操作に慣れる必要がある

携帯電話だったら、機種変してもマニュアル読まずに適当にいろいろ触ってたら、操作方法はわかってきます。

機種を変更しても、だいたい操作方法は同じですしね。特に「電話をかける」と「メールを確認・送信する」くらいならば、改めて使い方を勉強する必要はないと思います。

しかし、iPhoneへの機種変更は、そのようには行きません。

はじめて携帯電話を手にした時のように、改めて操作方法を勉強する必要があります。

やはり携帯電話ではなくて、電話もできる超小型のパソコンなんだなと思います。

慣れれば解決するとは思うのですが、以前の携帯電話で問題なく行えていた電話とメールが、まだストレスなく使えていないってのが、困ったところなです。

iPhoneにして、便利だと思ったことは?

情報の閲覧に関しては、かなり便利です。

連休に旅行に行ったのですが、ノートパソコンを持って行こうかと思っていましたが、iPhoneがあればノートパソコンを持っていく必要はありませんでした。

いつでも、どこでもWebサイトを見る事ができます。iPhoneだとブログのような長文を打ったりとかはできませんが、閲覧に関しては十分です。

マップ機能が便利

Googleマップを使用したマップ機能が便利です。

現在地と目的地を設定すれば、経路も出ます。

経路は、チェックポイントが文字で表示されて、「進む」「戻る」ボタンの役目の矢印ボタンで、紙芝居のようにめくっていく仕組みですが、ちょっとしたカーナビとして使えます。

ただ、カーナビのように、音声でナビはしてくれませんし、移動に伴って、チェックポイントを自動でめくってくれれば、言うこと無しなんですけどね。

運転中に、矢印ボタンを押そうとするから危なくてしょうがないです。ここは、なんとかしてくれればいいいのですが。

マップでの検索も便利です。検索キーワードに「ランチ」とか「ラーメン」とか入力して検索すれば、現在地周辺にあるお店が表示されます。たまに、お店じゃないものも表示されることもありますけど、この辺はグーグルしだいでしょう。

Googleのサービスとの連携が便利

Gmailとの連携、Googleカレンダーとの連携など、Googleのサービスが使いやすくなります。

以前の携帯ではGoogleカレンダーに予定を入力することが出来なかったのですが、iPhoneでは、そんなことはありません。

iPhoneを使うようになってGmailの使い方も変わってくると思います。

iPodを買う必要がなくなった  かな?

普段、手軽に音楽を聴く環境がないので、iPod購入を考えたことが以前あったのですが、iPodアプリが最初からインストールされているので、iPodを購入する必要がなくなったと思います。

ただ、試し音楽をiPhoneに入れて聴いていた時に電話がかかってきて、電話に出るのにどうしたらいいわからず、あたふたしたので、別にした方がいいのでしょうか?

これも、「慣れ」だと思うのですが。


アプリ追加で、機能拡張

パソコンと同じですね。アプリケーションを追加すれば、さらにいろんな機能が使えるようになります。

無料のアプリもあれば、有料のアプリもあります。

肝心のTwitterの操作性について何も言及していないですね。

閲覧は、しやすくなったと思います。

つぶやきの投稿に関しては、以前の携帯からでも十分だったと思います。

最初は、文字入力のやりにくさがあったので、Twitterでつぶやくのは以前の携帯電話よりもiPhoneのほうが、やりににくくなったと思いました。

また、携帯電話の方が、片手でこそっとつぶやけるってのもあります。

たとえば、お店でiPhoneを持ち出して両手で操作してると、大げさで目立ちすぎるんですよね。「アイツ、つぶやいてんじゃねぇか?」ってばれそうで。。。

自意識過剰だと思うんですけど。

RTとか、そういうのを入れようと思えば、Twitterアプリを使うほうが便利ですね。

けど、Twitter公式のアプリでは「RT」が入らない。もしかすると、Twitter運営者側は「RT」を推奨してないのかもしれないです。

Twitterアプリも無料のものしか、試していません。有料のアプリを使うともっと便利かもしれないです。

写真付きのつぶやきも、iPhoneからだと簡単になるような気がします。以前は、写真付きは面倒なのでやってないですが、簡単にできるなら、するようになると思います。

この辺も、口コミを参考にして購入してみようかと思います。

今のところはこんな感じ

10日間使った感想は、こんな感じです。

とにかく、機能が豊富だし、その機能もアプリ追加で拡張ができることもありますが、まだ基本的な操作方法も、よく把握していない状態です。

長く使ううちに、また評価も変わるでしょう。


ブログ村へのリンク

ブログ村へのリンクを、テキストからボタンの画像に変更してから、順位が落ちている気がする。

以前は、ブログ村の「たがわ情報」で1位になる事が多かったのに、このところ4位とかになっている。

テキストのままのほうがクリック率が高かったかな?

と思って、Analyticsで調べようとしたら、ブログ村へのリンクをクリックを計測できるように設定していなかったみたい。

しくじった。

再度、リンクの設定を変更して検証してることにします。

壊れたファスナーの修理

壊れたファスナー
壊れたファスナー

前回の「機動性を高めるG11の携帯スタイルの模索」の予告どおり、今回は「壊れたファスナーの修理」です。壊れたのは、吉田カバンのPORTER。

これより先に動かない。
これより先に動かない。

最初は、閉まっている側のファスナーの噛み合わせが悪くなって、それより先に動かなくなって途中までしか開かなくなっていました。

噛み合わせの悪くなった部分を、両端から引っ張ると「プリプリプリ」と閉じている部分が外れちゃって、両方とも開いてしまった状態です。

修理は可能か?

ファスナーをよく観察すると、左右の突起同士がかみ合って閉じるようになっています。

本来閉じている側が開いたので、ジッパー部分を通ることが出来なくなって動かなくなっています。

開いたところが閉じれば、ファスナーが移動するようになります。

はずれた突起を、一つずつ手で噛み合わせて行けば・・・

この部分を一つずつ手で押し込んで噛み合わせて行けばいいのではないか?

とても根気が要りそうですが、一つずつ手で噛み合わせていけば、元通りになるのではないか?

やってみることにします。

IMG_0601

手で噛み合わせることは可能です。しかし、なかなか簡単にはかみ合いません。

元々不器用で、細かい作業は苦手です

出発地点からゴールまで。道のりは遠い。

道のりは、はてしなく遠いです。

だのになぜ、歯を食いしばり、君はやるのか、そんなにしてまで

20分経過

15分経過の図ここまで、来ました。

およそ、3分の2くらいです。

この辺で、強引に引っ張ると、2,3ミリずつ動くことにきづきました。

こんな風に、強引に引っ張る
こんな風に、強引に引っ張る

ファスナーを持っていないほうは、右と左を交互に持ち変えながら、強引に引っ張ると、少しずつ動きます。

ついにゴール
ついにゴール

ついにゴールに到達です。最後の一つは、どうしてもきちんと噛み合わせることができません。

全開!!
全開!!

このように、全部開くようになりました。

OKでしょ!! バック復活、修理完了です。

およそ、全工程25分から30分くらいだったでしょうか。

最初の予想よりも早かったです。