[WPプラグイン]投稿をページへページを投稿へ変換するプラグイン

タイトルどおりのプラグインであるならばp2pConverterというプラグインがありましたが、同じ作者により新しいプラグインができていました。

pTypeConverter

postタイプを変換することができます。WordPress Ver3に搭載された「カスタム投稿」機能に対応して、Post Typeをカスタム投稿で作成したPost Typeにも変換できます。

Movable Type3をCMS的に使用して作成していたサイトをWord Pressに移行したとき、Postをページやカスタム投稿タイプへ変換するのに使用できます。

MT3では、投稿はWPでいうところの「Post」のみで「Page」はありませんでした。ですので、MTをブログではなくて、CMS的に使用してサイトを作成するときは、カテゴリーメニューを表示する時に除外カテゴリーを設定して、ループを2回に分けて回したりと、面倒な事をしていました。

だから、投稿タイプがPostとPageの二つあるWord Pressに移行する理由なんですけど、データの移行したMTのEntryのデータは、WordプレスではすべてPostになります。その投稿タイプをPageに変換する必要があります。

phpMyAdminで書き換えれば、事足りるのですが、プラグインでできると便利です。管理者以外にも作業できますし。

また、既存のPostをカスタム投稿タイプに変換できるのも便利です。

けど、あまりにPostの数が多いと、該当するPostを探すのが大変。phpMyAdminのほうが楽だったり。。。。

[WPプラグイン]ウィジェットでPHPを使えるようにするプラグイン

プライベートでWordPressをカスタマイズ中。

作業中に見つけたTipsを忘れないように備忘録として、ひとまずこのブログに投稿で残していくことにします。

ウィジェットでPHPコードが使えるようにするプラグイン

PHP Code Widget

未使用。

現在の対応WPバージョン3.0.4

The normal Text widget allows you to insert arbitrary Text and/or HTML code.

一般のテキストウィジェットに、HTMLとPHPコードの実行を許可するよう。

WP PHP widget

未使用

現在の対応WPバージョン3.0.4

プラグインの説明にはPHPコードだけどなく、HTML、JavaScript、Flashも使用を許可すると書いてある。Title欄でも、使用許可できるよう。専用のウィジェットが作成されるよう。

想定する使用方法

独自の機能Widgetを作成を楽にすることができる。

たとえば、直近の12か月分だけのアーカイブを表示するとか。一般のアーカイブウィジェットでは、

wp_get_archives関数に与えることができる引数が限られているので、PHPを使えるプラグインを入れて、関数を呼び出せば、求める結果を表示できる。

ただし、自分で管理しているサイトでのみ使用可。第三者が管理するサイトでは、怖くてPHPやJavaScriptを許可できない。