18年履いたワークブーツの味

修理・掃除・DIY
ゴシゴシ磨く
18年間1度も手入れをしたことのないワークブーツ

18年間1度も手入れをしたことのないワークブーツ

このブログの修理の投稿を見た友人から「自分の靴もきれいになるやか?」と話を持ちかけられました。

その靴がこの写真。

ワークブーツです。

話によると、購入してから18年間一度も手入れをしたことがないとのことです。

 

ワークブーツ(右)

ワークブーツ(右)

ワークブーツ(左)

ワークブーツ(左)

うーん、確かにひどいです。

しかし、これを修復するにはアドカラーは必要ありません。ミンクオイルで磨けば、よみがえります。

【3150円以上送料無料】もっともベーシック。それでいてハードユーザーも満足させる高品質JEWEL...僕が使っているミンクオイルはこちら。

JEWEL MINK OIL

ワークブーツのようなオイルドレザーはミンクオイルを塗って油分を補給すれば復活します。

では、早速ミンクオイルで磨いてもらいました。

ゴシゴシ磨く

ゴシゴシ磨く

結果こんな感じになりました

After

After

かなり味のあるワークブーツになりました。

かなり味のあるワークブーツになりました。

 

汚れがひどいときは、クリーナーで汚れを落としたほうがいいのでしょう。しかしワークブーツは、本来作業用の靴ですので少々汚れているのも「味」の一つです。

今日、笑っていいとも増刊号を見ていたら、香取慎吾が汚れ加工の黒のコンバース・ハイカットの話をしていました。新品のスニーカーをわざわざ汚して2万円以上の商品にして売れる時代です。

18年履いて、いい味の出たワークブーツになったと思います。バリ渋です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました