18年履いたワークブーツの味

18年間1度も手入れをしたことのないワークブーツ
18年間1度も手入れをしたことのないワークブーツ

このブログの修理の投稿を見た友人から「自分の靴もきれいになるやか?」と話を持ちかけられました。

その靴がこの写真。

ワークブーツです。

話によると、購入してから18年間一度も手入れをしたことがないとのことです。

 

ワークブーツ(右)
ワークブーツ(右)
ワークブーツ(左)
ワークブーツ(左)

うーん、確かにひどいです。

しかし、これを修復するにはアドカラーは必要ありません。ミンクオイルで磨けば、よみがえります。

【3150円以上送料無料】もっともベーシック。それでいてハードユーザーも満足させる高品質JEWEL...僕が使っているミンクオイルはこちら。

JEWEL MINK OIL

ワークブーツのようなオイルドレザーはミンクオイルを塗って油分を補給すれば復活します。

では、早速ミンクオイルで磨いてもらいました。

ゴシゴシ磨く
ゴシゴシ磨く

結果こんな感じになりました

After
After
かなり味のあるワークブーツになりました。
かなり味のあるワークブーツになりました。

 

汚れがひどいときは、クリーナーで汚れを落としたほうがいいのでしょう。しかしワークブーツは、本来作業用の靴ですので少々汚れているのも「味」の一つです。

今日、笑っていいとも増刊号を見ていたら、香取慎吾が汚れ加工の黒のコンバース・ハイカットの話をしていました。新品のスニーカーをわざわざ汚して2万円以上の商品にして売れる時代です。

18年履いて、いい味の出たワークブーツになったと思います。バリ渋です。

黒の革靴の色落ち修繕(第2弾)

黒の革靴のつま先修理 with アドカラー に引き続き、もう1足修復しました。使用したのは、コロンブスのアドカラー です。

まずはつま先。

つま先の傷ついた靴(左)
つま先の傷ついた靴(左)
つま先の傷ついた靴(右)
つま先の傷ついた靴(右)
つま先の傷ついた靴(左)修復後
つま先の傷ついた靴(左)修復後
つま先の傷ついた靴(右)修復後
つま先の傷ついた靴(右)修復後

上出来です。

側面の色落ち

側面の色落ち
側面の色落ち

この靴は、買った直後にこのように側面が色落ちしました。

この色落ちは靴墨で磨いても修復できませんでした。

今回、コロンブスのアドカラー を使って修復をしてみました。

この部分は、普通にアドカラーを塗っても、塗料が載りませんでしたので、サンドペーパーで軽く削ってから、アドカラーを塗りました。

アドカラーを塗った後、乾かして靴墨で磨きます。

修復後

黒の革靴の色落ち修復後
黒の革靴の色落ち修復後

すばらしい!!(自画自賛)

 

黒の革靴のつま先修理 with アドカラー

つま先のキズついた靴
つま先のキズついた靴
つま先のキズついた靴
つま先のキズついた靴

革靴は長く履いているのと、つま先にキズが入ります。

この靴は、買ってから4年位かな。通勤用で毎日のように履いていますので、かなりボロボロです。

つま先には、写真のようにキズ入ってしまいました。

アドカラーで修復

では、いつものようにコロンブスのアドカラーで修復してみます。前回の白い靴の修復記事はこちら。

アドカラーを使う前に、クリーナーで汚れを落とします。

今回は、黒なので色合わせは簡単。アドカラーは黒のみ使用です。

キズの凹凸を目立たなくする為に、軽く紙やすりをかけました。

アドカラーを塗った状態
アドカラーを塗った状態

アドカラーを塗った状態です。

一度に塗らずに、水で薄めたアドカラーを複数回分けて塗りました。

靴墨で磨く

その後、靴墨で磨きます。

修理完了
修理完了

キズが深いと、凸凹が残りますね。その場合は、アドベースを使うといいようです。まぁ、僕はこの程度修復できればOKなんで。。。って負け惜しみ。

 

つま先のキズついた靴
Before
After
After

 

縮んだセーターを伸ばす方法

縮んだセーター(Before)
縮んだセーター(Before)

洗濯の仕方が悪かったのか、縮んでしまって着れなくなっていたセーターを伸ばしてみました。

以前ネットで検索して見つけた方法を試してみました。

  1. まず、セーターの裾をタンスの引き出しにはさみます。
  2. 引っ張る側の袖に、長い棒を突っ込みます。
  3. スチームアイロンを当てながら、ひっぱります。

結果は、以下のとおり。


After
After


伸びました。元に戻ったのか、伸びすぎたのかわかりませんが。。。。

ブログを書くにあたり、再度検索して縮んだセーターを元に戻す方法が掲載されていたサイトを探しましたが見つかりません。

自分では、伊藤家の食卓の裏技にあったと記憶していのですが、どうやら違うみたいです。NHKのためしてガッテンだったかなぁ。

伊藤家の食卓では、ヘアトリートメントを使用する方法が掲載されていました。

ちなみに、元に戻るかどうかは、セーターの素材が影響するようで、僕のセーターはウール100%でした。

壊れたファスナーの修理

壊れたファスナー
壊れたファスナー

前回の「機動性を高めるG11の携帯スタイルの模索」の予告どおり、今回は「壊れたファスナーの修理」です。壊れたのは、吉田カバンのPORTER。

これより先に動かない。
これより先に動かない。

最初は、閉まっている側のファスナーの噛み合わせが悪くなって、それより先に動かなくなって途中までしか開かなくなっていました。

噛み合わせの悪くなった部分を、両端から引っ張ると「プリプリプリ」と閉じている部分が外れちゃって、両方とも開いてしまった状態です。

修理は可能か?

ファスナーをよく観察すると、左右の突起同士がかみ合って閉じるようになっています。

本来閉じている側が開いたので、ジッパー部分を通ることが出来なくなって動かなくなっています。

開いたところが閉じれば、ファスナーが移動するようになります。

はずれた突起を、一つずつ手で噛み合わせて行けば・・・

この部分を一つずつ手で押し込んで噛み合わせて行けばいいのではないか?

とても根気が要りそうですが、一つずつ手で噛み合わせていけば、元通りになるのではないか?

やってみることにします。

IMG_0601

手で噛み合わせることは可能です。しかし、なかなか簡単にはかみ合いません。

元々不器用で、細かい作業は苦手です

出発地点からゴールまで。道のりは遠い。

道のりは、はてしなく遠いです。

だのになぜ、歯を食いしばり、君はやるのか、そんなにしてまで

20分経過

15分経過の図ここまで、来ました。

およそ、3分の2くらいです。

この辺で、強引に引っ張ると、2,3ミリずつ動くことにきづきました。

こんな風に、強引に引っ張る
こんな風に、強引に引っ張る

ファスナーを持っていないほうは、右と左を交互に持ち変えながら、強引に引っ張ると、少しずつ動きます。

ついにゴール
ついにゴール

ついにゴールに到達です。最後の一つは、どうしてもきちんと噛み合わせることができません。

全開!!
全開!!

このように、全部開くようになりました。

OKでしょ!! バック復活、修理完了です。

およそ、全工程25分から30分くらいだったでしょうか。

最初の予想よりも早かったです。

機動性を高めるG11の携帯スタイルの模索

前回の記事「バリアングル液晶モニター使用時の困りどころ」からの続きです。

G11のカメラらしいデザインから、専用革ケースに入れ、昔の旅行者のように首からさげてレトロにキメよう計画は、バリアングルモニターを使用する時にストラップが邪魔くさいってことで諦めて、機動的に携帯することにしました。

では、どのようなスタイルで携帯するのがいいのか

ネックストラップが短くて、胸の前でカメラがぶら下がっているのが機動性を損ねます。走ったり、歩いたりするときに胸の前にカメラがぶら下がっているが、以外と邪魔です。

また、ストラップが短いので、ハイアングルやローアングルで撮影するときに支障があります。

ということは、長いストラップで斜め掛けするのがいいのではないか?と思いました。

けど、カメラを上に向けたり、下に向けたり、いろんな角度で撮影するときは、そもそもカメラにストラップが付いていること自体が邪魔です。

ということは、ストラップの着脱が簡単にできるのが良いのではないか?と思いました。

それで見つけたのが斜めがけストラップ

オプテック[OP/TECH] 斜め掛けスリングストラップ ネイチャー

オプテック[OP/TECH] 斜め掛けスリングストラップ ネイチャー (リンク先は取り扱いショップのオリエンタルホビー。魅力的なショップです)

コネクターで接続されているので、簡単に取りはずしができるようになっています。

けど、取り外して残った部分が、ある程度の長さがあるので、それがレンズの前に来て邪魔にならないか不安。写真の一眼レフならば、その問題はないでしょう。

G11は、写真のカメラよりも小さいですから、残ったコネクターがレンズの前に来るかもしれません。

もう一つがこれ。

Brack Rapidの斜め掛けストラップ

このBrack Rapidは、先ほどのオリエンタルホビーが正規輸入代理店です。

さすがに、動画に出てくる、タスキがけのダブルストラップは、自分には必要ないですが、購買意欲をそそりますね。

三脚の穴に取り付けて、カメラが逆さまなのが怖いところですが、G11はデジ一にくらべれば小さいので、大丈夫でしょう。

動画のおっちゃんは、ガンマンみたいにカメラをクルクル回していることだし。

Amazonでも売っています。R-ストラップ RS-5

しかし、そもそも普段の僕のお出かけスタイルは

普段お出かけするときは、ショルダーバックを斜めがけしています。

良く考えたら、ショルダーバックとカメラの2つを斜めがけしたくないです。

Brack RapidのRS-5はストラップに、ポケットが付いていて、携帯電話やカード、メモリなどの収納が可能。

だけど財布が入らない!!惜しい。裸銭は収納可能!と思う。

財布を長財布にして、パンツの後ろポケットに入れれば、バックが必要なくなるけど、長財布を買うか?

ということで、斜め掛けストラップは保留です。

お出かけに必ずショルダーバックを持っているなら

カメラと財布とか携帯とか、所持品が全部入るバックを買えばいいんですよ。

カメラ用のバックを探すと、デザインのカッコイイノがいろいろとあるじゃないですか。

僕的には、DOMKEというメーカーと、ナショナルジオグラフィックというメーカーのカメラバックがいい感じです。

けど、こればっかりは実物をてにしないで買うのはちょっと控えたいです。

G11の専用ケースが返品できなかったという、失敗を犯したばかりですし。

実物を手にとって、カメラを中にいれてみたり、財布もちゃんと入るか確認したり、実際に肩からかけてみたりして、購入したいと思います。

だけど、お店に行く暇がありません。

ひとまず、いつも使っているバックに入れて、カメラを携帯することにします。

以前のカメラのRicho R4のときもそうしていたわけだし。

けど、R4は、財布とか鍵とかと一緒にバックに入れて持ち歩いていたので、キズが入ったり、塗装が剥げたり、ひどかったものです。

今度のカメラは、もっと大事に使いたい。

今、いつも持ち歩いているバックは、収納箇所が二つにわkれていますから、必ずカメラは別に収めれば良いです。

今のバックはこれです。

吉田カバンのPORTER
吉田カバンのPORTER

このカバンは、メインの大きな収納箇所が二つあります。

けど、一つはファスナーが壊れているんでした。

壊れたファスナー
壊れたファスナー これ以上左に動かない。

ファスナーが壊れたことありませんか?閉じている側が、何かの拍子で開いちゃって、そこからファスナーが動かなくなって、それ以上開かなくなったことないですか?

壊れたファスナー その2
壊れたファスナー これ以上開かない。

これ以上、開かなくなってしまってます。

これだと、カメラの出し入れが、やりにくい。

ファスナーと擦って、傷も付きやすいでしょう。

けど、この壊れたファスナーは自分で修理できないのだろうか?

ということで、次回は久々の修理ネタで、「壊れたファスナーの修理」の予定です。

デジカメの修理は

以前の日記「デジカメが壊れました」から、1ヶ月半。いや、もうすぐ2ヶ月。

とっくに結果は出ていました。

ヤマダ電器に修理の見積もりを出したのですが、1万3000円ほどかかるので、修理は中止、新しいデジタルカメラを買わなければなりません。

壊れたデジタルカメラはRichoのCaplio R4で、購入時に長期保障に入っていました。

以前1度、レンズのズーム機能のモーターが壊れた時は、この長期保障が効いて無料で修理できたのですが、今回の液晶の破損は無料で修理を出来ませんでした。

さて、新しいデジタルカメラは何を買うか?

今日、時間があったので、価格ドットコムでレビュー読んで研究です。

やはり、Richoの後継機種であるCX3になりそうかなぁ。

 

Caplio R4を購入する時は、調べたりせず予備知識がないままヤマダ電器に行って、一番売れ筋の人気のある機種を買うつもりでした。

デジタルカメラを購入するのが始めてでしたし、写真を写すことも全くしていませんでしたから。(そう言えば、この頃ピアノの発表会の手伝いにに行っていて、写真撮影を頼まれたのですが、半押しでフォーカス取るとこで撮影されたと勘違いし、結局写真が写っていないという大失敗をしたくらいです)

そのくらい無知だったので、一番売れているデジタルカメラを買えばいいって思っていたのに、なぜリコーを買ったのか?

周囲の人は、テレビでコマーシャルされているデジタルカメラを持っていて、リコーのカメラを使っている人なんていませんでしたし、僕もリコーがカメラを作っていることを知りませんでした。

ヤマダ電器(空港通り店)で、カメラ見てたら店員さんが話しかけてきて、一般的に人気の在る機種で、出来れば元々カメラメーカーの製品がいい。Web用の写真だから画素数はそんなにいらない。なんてことを話していたら、リコーのカメラを勧められました。

決め手は5つ。

一つ目は、自動斜め補正機能が面白かった。ポスターとかレコードジャケットとか、四角い物を斜めから撮影したものを正面から撮影したように補正してくれる機能が面白かった。

二つ目は、リコーは派手な宣伝をしていない。広告費用を抑えて、製品の開発費用に回している。広告していないから知名度は低いが、性能は人気のある製品と同等、もしくはいいくらい。という店員さんの言葉。

三つ目は、「操作性がとてもいいですよ。メニューの作りがわかりやすいですよ」っという店員さんの言葉。始めて使うから、比較しようがないですからね。

四つ目は、その店員さんはバイト生だが、Web関係の専門学校の生徒であったこと。

五つ目は、最初に購入予定の、最新人気機種の価格が3万円の後半だったのに対し、リコーのCaplio R4は2万6千円だったこと。

この5つでした。

それで、購入したリコーのCaplio R4ですが、その当時の売れ筋コンパクトデジカメに比べると、不恰好なデザインだし、幅も厚い。

人前に出すのが恥ずかしく感じたもので、「リコーのカメラってめずらしかろ?」とか、わざわざ言い訳をしていたものです。

性能は、同時期に知り合いが購入したデジカメと比べると、暗い所での撮影が良くなかったです。

しかし、最近デジタルカメラの撮影方法を勉強してからは、このカメラがお気に入りになって、このカメラで良かったと思うようになりました。

撮影方法を勉強するまでは、機能の設定をいじることがなかったんですが、(いじっても良くわからんでやってたんですが)、勉強した後は、機能設定のメニューが使いやすいことや、マニュアルの設定がしやすいことに気づきました。

オートブラケットという便利な機能なんて、他社のコンパクト・デジカメには搭載してないじゃないでしょうか?

他のカメラと比べると、「鮮やかさ」に欠けるような感じです。むしろ、他のカメラで写した写真と比べると地味のようなきがします。

けど、「作られた写真」感がないです。被写体の色を、そのままレンズから取り込んで保存しているような感じです。

暗い所でもきれいに写るカメラは、確かにきれいに撮れているけど、なんか人工的に作られたような色をしているんですよね。

 

今回、価格ドットコムで、Caplio R4の後継機種のCX3のレビューを読むと、リコーの評価が、とてもいいですし、僕がCaplio R4を気に入っていた部分が評価されています。

特に、マクロ機能の評価が高い。

こういう評価もありましたよ。

リコーには変にファッション的な所に媚びることなく、このままの路線で「本当の意味でいいカメラ」を作り続けてもらいたいです。

こういう職人気質っぽいイメージも、好みですよ。

CX3は、現在価格ドットコムで売れ筋第3位になっています。

Caplio R4を購入した2006年に比べると、たぶんリコーのカメラの評価と知名度は上がっていると思います。

今でも、ほとんど宣伝をしていないじゃないでしょうか?

テレビでリコーのカメラのCMを観た覚えがないんですけど、どうでしょう?

口コミで、評価が上がって売れ筋第3位を獲得した感があります。

 

だけど、暗いところでの撮影は、ソニーのCYBER SHOTのほうが優れているみたいです。

R4に比べると格段と良くなっているのは間違いありませんが、CX3の後継のCX4が9月3日発売ってことで、それまで待つことにします。

デザインは、CX3の方が好みだなぁ。

それと、Richoの後継機種だったら、今のバッテリーをそのまま使えるかと思ったら、使えないようだし。これは、もうちょっと調べてみることにしよう。

 

白の革靴修復プロジェクト(その2)アドカラーを使ってみた。

RIMG0008

汚れは落ちたとして、つま先の塗装の剥離をどうするか?

もう片方は、さらに剥がれがひどいです。

RIMG0051

それで、ネットで調べに調べてシューケアー製品メーカーのコロンブスのアドカラーという商品を見つけました。

【ケミカル】コロンブス:COLUMBUIS アドカラー

リンク先の修理例を見ると、これで修理ができそうです。

けど、僕の靴はタイトルに「白の革靴」って書いたけど、剥離した部分を見ると合皮っぽいですね。

アドカラーを使えばなんとかなりそうですが、ネットで注文すると送料がかかります。

修理する靴の色とぴったり合わせるためには、複数の色を混ぜて使うようです。白だけを買えば済むようではなさそうです。白だけ買って、うまく色が合わないので、違う色を買い足して、なんてしてると送料がもったいない。できれば、近くに売っているところはないか探しました。

近くの靴屋においていないか探しましたが、ありませんでした。

ネットで調べていると、本来靴の修理用品なのに、車のハンドルを修繕したり、バイク乗る人の革のつなぎの修復に使う用例が多く、靴屋でなくてホームセンターに置いているなんて情報もありました。近くのホームセンターを回ってみましたが、やはりありませんでした。

近くに売っているところはないので、ネットで注文する事にしました。けど、何色を買っておけばいいでしょうか?たまたま、オークションで安く全色売っていたので、それを買うことにしました。色を考えるのが面倒だったので。

では、届いたアドカラーで早速修理開始です。

アドカラーの使い方は、チューブに書いてありました。

浅いキズの場合(こすり傷など)

  1. 傷の部分をサンドペーパー#400で平らにします。
  2. パレット等にカラーチューブを少量出し、筆で混色して下さい。
  3. キズの部分にカラーチューブを上塗りしてからパレットナイフで平らにして下さい。
  4. キズのまわりは筆又はナイフでぼかすように塗ってください。
  5. 15分位感想させて同系の靴クリームで磨いてください。

深い傷の場合は・・・アドベース商品知識を参照して下さい。

1は、「まあ、いっか」と思って、まずは色合わせ。

RIMG0001

白単色を目立たないところに塗ってみます。明らかに色が違います。

RIMG0003

RIMG0004

アイボリーを混ぜてみます。

では、先端のひどいところにぬってみます。ネットの情報では、一度に塗らずに数回に分けて塗るのがコツらしいです。

筆で少し塗って、布で叩いてぼかします。これが、一回塗って、布で叩いてぼかした状態。ほとんど、色がついてません。

RIMG0016

数回塗って、サンドペーパーで下地を整えないとやばいと気づき、サンドペーパーをかけました。

手元には、600番と320番の紙ヤスリしかなかったので、最初は目の細かい600番で削りましたが、320番で問題なしでした。

RIMG0012

紙やすりをかけた後、筆で薄くぬって、布で叩いてぼかす作業を何度も繰り返しました。繰り返しながら、色の微調整をしました。

最終的に、少し青と黄色も混ぜました。

 

剥がれがひどい方は、こんな感じ。

RIMG0018

このあたりで、「やっぱり無理かー」とあきらめかけました。この靴は、本皮ではなくて、合皮っぽいですしね。しかし、あきらめずに、筆で塗って、布でぼかして、乾かして、また塗る作業を繰り返しました。

RIMG0022

もう片方はこんな感じ。

RIMG0023

だいぶ、良くなってきました。

最終的には、こんな感じまで仕上がりました。ちょっと黄色を混ぜすぎたなぁ。

RIMG0055

RIMG0054

アップだと「塗ったな」てのがわかりますが、遠目でみると、

 

 

RIMG0059

OKじゃないですか!? 普段履いてまわっても問題ないでしょ!?

アドカラーを使ってみた感想ですが、

  1. 色をしっかりと合わせるべきです。その為には、必要ないと思う色も念のため買っておくほうがいい。
  2. 色をしっかり合わせても、塗った後、キズの段差が目立つので、下地の整えはきちんとした方が良い。
  3. 僕は、重ね塗りをしましたが、「アドベース」という、キズ修復用のパテもあるので、それを使うといいかもしれない。
  4. 一度に沢山塗るより、何度も分けて塗るほうがいいようだ。色の微調整もできるし。
  5. 色の微調整のことを考えると、昼間の自然光の下で作業をするほうがいい。僕は、夜に蛍光灯の下で作業したので、昼間にみると、微妙な色の違いが、ちょっと気になる仕上がりになった。
  6. 塗りの繰り返し作業は、集中力がなくなったら、やめる。仕事が雑になると、今までの苦労が水の泡です。

初めてで、この仕上がりなら、良い出来ではないでしょうか。

こちらのネットショップに【アドカラー】使用方法の動画あります

白の革靴修復プロジェクト(その1)

最近、昔履いていた靴を磨いたり修理したりしたりして、復活させることにはまってます。

10年ほど前に買ったこの靴。

RIMG0046

ひゃー、汚ねー

汚いのもさることながら、このデザイン。

なんて、クレイジーなんでしょ。ShaShaというメーカー(ブランド?)のものです。アメリカの西海岸のブランドらしいです。ミクスチャー系のハードコアとか、スケボーとかBMXとかやってる人に好まれてるみたいです。

「みたいです」って書いてるのは、僕はぜんぜん、この路線とは違うので、詳しい事はわかりません。

僕はどちらかというと、60年代、モッズ系のファッションのほうが好きでした。

この靴履いている時も、「しんたん、全然路線がちがうやろ」と言われてました。

ちなみに、こちらがこの靴のサイトです。http://www.sha-sha.com/

全然、ノリがちがうでしょ。だって、一つ前の記事は小沢健二ですよ。

けど、なぜかこの靴を持ってます。

白いクレイジーな靴がほしいって思って買ったと思います。

しかし、ひどいです。

汚れもひどければ、つま先の剥がれ。

買ってから、一度も洗った覚えがない。

インナーはさらにひどい。

RIMG0064

「G-SPOT」っていうのが、この靴のミソ。西海岸のその手の人が、このG-SPOTを利用しているはずです。

 

それはさておき、ひとまず汚れを落とすことにします。

コロンブスのレザークリーナーがあったので、それでみがいてみます。

すると

RIMG0053

こうだった汚れが。

RIMG0054
このように落ちました。

RIMG0050

右がビフォーで、左がアフターです。

汚れは落ちましたが、つま先の塗装の剥がれ。これが、このままでは、とても履けません。

RIMG0016

これは、修理できるのか?

今回はここまで。次回へ続きます。